娘に愛情を注いだ父親であるほど、「子供がもう二度と自分のところに戻ってこない」と感じた時のショックは大きい。言い知れない無力感。もうどうにもならないのか──。秋篠宮さまの顔が、日を追うごとにやつれていくことを、周囲は心配しているという。

「秋篠宮ご夫妻は1月22日午前、『新潟開港150周年記念式典』出席のため、東京駅を出発されました。その時の秋篠宮さまの表情は青ざめ、お疲れの色を隠せないほどでした。周囲が“朝からご長女の眞子さまと一悶着あったのか”と勘ぐるのも、自然なことでした」(宮内庁関係者)

 その朝、眞子さまの婚約内定者・小室圭さんが文書を発表した。秋篠宮さまは、文書が発表されることを、前日夕方、情報を掴んだ報道各社が宮内庁へ問い合わせたことで、伝え聞いたという。愛娘の結婚を左右する重大な事実を他人づてに聞くことが、気持ちのいいものであるはずがない。

 さらに翌朝、衝撃的なニュースを目にする。

《眞子さまも文書の公表を把握している》(共同通信)

 知らなかったのは、私だけか。なぜ眞子は、そして小室さんは、そんな大切なことを私に知らせなかったのだ──。

「今、秋篠宮さまと眞子さまの間には、かつてないほどの重い空気が流れているそうです。公務以外のプライベートの話は、眞子さまが一切、受け付けない。なぜこのタイミングで文書を出したのか、文書の意図は何か、知りたくても眞子さまからの説明はないそうです」(前出・宮内庁関係者)

 秋篠宮さまの心中は、察するに余りある。

眞子さまを当事者にした

《多くの報道において借金トラブルが残っているとされていますが、(中略)解決済みの事柄であると理解してまいりました》

 小室さんは文書で母・佳代さんの抱える金銭トラブルについてそう説明した。紛争の相手である、佳代さんの元婚約者Aさんは怒りを隠さない。

「文書で私は嘘つき呼ばわりされました。私が援助したお金で、小室さんは大学に行き、留学をし、アナウンススクールにも通いました。それを、どう考えているのでしょうか。不誠実極まりない」

 とにかく「母は悪くない」と一方的な主張を繰り返しただけの文書が、騒動の火に油を注いだのは間違いないようだが、秋篠宮さまはどう読まれただろうか。

「文書の内容は、秋篠宮さまが1年前から何度となく小室さんと佳代さんから直接、説明をされていた内容から、一歩も進んでいません。秋篠宮さまはその間、“その説明では納得できません。解決済みと言うのなら、なぜAさんは不信感を抱き続けているのですか?”と問いかけ続けてこられた。

 しかし、建設的な解決に向かう気配すら感じない文書だった上に、さらにAさんの心証を悪くしてしまった。しかも、そのような文書が一切の報告なしで公表されてしまった。秋篠宮さまは“裏切られた”というお気持ちではないでしょうか」(別の宮内庁関係者)

 年頃の娘とのディスコミュニケーションを、父親が嘆く。世間一般ではよくある構図とはいえ、こと皇族という立場にあれば、嘆いて終わりでは済まされない。

「昨年11月末、秋篠宮さまは小室母子に対して、“それ相応の対応”を求められました。皇族の結婚には国民の祝福が伴わなければならないと、皇族として、父親として、毅然とお話をされました。しかし、今回の一件で、世間を騒がせた発表も事前に親子で共有できなかったほどに、親子の関係は冷え込んでいることが露呈した。小室家に要求する前に、まず家庭内の断絶を何とかするべきではないかという厳しい声もあります」(皇室関係者)

 恋に身を焦がし、一途になる娘を前に、父親は無力だ。その点で秋篠宮さまを責めるのは、酷なようにも思える。親の言うことに聞く耳を持ってほしい、その一方で、思った通りに自由に幸せになってほしい。父親はそんな真っ二つの感情の間で、揺れ動く。

 それでも、秋篠宮さまには小室さんに対して、どうしても許せないことがあるという。文書が公表された際に、《眞子さまと小室さんの結婚の意思は固い。眞子さまも文書の公表を把握している》と報じられた。
※写真はイメージです(GettyImages)
※写真はイメージです(GettyImages)
「眞子さまがメディアにお話しされるわけがないので、小室さん側からのリークとみられます。秋篠宮さまはかねてから、“借金問題は、まだ婚約前の他人の家のことであり、当家とは無関係の問題”という立場を貫いてこられました。皇族がそのような金銭トラブルに巻き込まれることは許されないという意識から、充分に注意されてきたのでしょう。

 しかし、小室さん側が『眞子さまも文書の公表を把握』と報じさせたことで、眞子さまがスキャンダラスな借金問題の当事者に巻き込まれてしまうことになった。眞子さまが小室母子の主張を認めたことになり、Aさんから“なぜ眞子さまはそんな文書が出されることを認めたのか”と問題視されないとも限らない。それこそが非常に重大な問題であり、秋篠宮さまが怒られている点なのです。秋篠宮さまにとっては、眞子さまを“人質”に取られたにも等しいことになってしまった」(前出・別の宮内庁関係者)

関連記事