小田部雄次(静岡福祉大名誉教授)

 秋篠宮家の眞子内親王と小室圭氏の婚約内定延期を巡る問題は王朝ドラマのようで、いささか悩ましい。というのも、事態発生の原因は小室家の金銭貸借問題にあるようなのだが、婚約が予定されるお相手が内親王である。しかも、将来は天皇の長女となり、さらには姉になると想定されている方だからである。

 その上、今上天皇の退位後には、女性宮家の設立議論が高まると予測されるし、事態の進展では女系天皇の容認も検討される可能性がある。そうなると、皇位継承者の配偶者になることも視野に入れて、結婚相手を探すべきであり、周囲の関係者のみならず、多くの国民の関心の的でもあり、その配偶者たるべき男性の過去の言動や人格までも、あれこれ話題にされてしまうのは当然といえば、当然であろう。

 一方、そういった立場にある眞子内親王ご本人が、ご自身の結婚の重要性を全く意識していなかったのかと問われると、これも難しい問題があるように思われる。眞子内親王のご両親は学習院大学時代の同級生であり、学生時代からの交際が実って、周囲の祝福の中、めでたくゴールインした。

 日本国憲法第24条第1項には「婚姻は、両性の合意のみに基づいて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない」、第2項には「配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない」とある。眞子内親王のご両親の結婚は、皇族の結婚ではありながらも、こうした日本国憲法第24条に即してなされたのである。

 従来は、皇族男子の結婚は、しかるべき身分の家柄の女子を迎え、家同士の釣り合いを鑑みた形でなされてきたが、戦後になって、皇后はじめ皇太子妃や皇族妃となる女性の身分や家柄は問わなくなった。ただ、それでも皇族男子の結婚相手は、婚姻により皇族となることもあり、皇室会議の審議を経て、認可されなければならなかった。

 過去において、今上天皇の皇后である正田美智子さん(当時は皇太子妃)、正仁親王(常陸宮)と津軽華子さん、寛仁親王(三笠宮)と麻生信子さん、憲仁親王(高円宮)と鳥取久子さん、文仁親王(秋篠宮)と川嶋紀子さん、そして皇太子徳仁親王と小和田雅子さんとの婚姻が、それぞれ可決されて実現したのである。津軽さん以外は全て旧華族家の出自ではなく、実業家や外交官、大学教授など一般市民社会の家で生まれ育った。

 中でも大学教授の長女であった紀子妃は「3LDKのプリンセス」と称されるなど、庶民的な育ちがクローズアップされることもあり、その長女と次女もそうした環境と周囲の印象の中で育った。秋篠宮ご自身も皇位継承問題からは遠く隔たって育った方であり、どちらかと言えば自由で庶民的であった。
婚約内定の記者会見で、小室圭さんを見つめられる眞子さま=2017年9月、東京・元赤坂の赤坂東邸
婚約内定の記者会見で、小室圭さんを見つめられる眞子さま=2017年9月、東京・元赤坂の赤坂東邸
 ところが、「将来の男子後継者がいなくなる」という危機感と世論の中で、当時一番若かった秋篠宮ご夫妻に男子出産の期待がかかり、めでたく悠仁親王がお生まれになった。だが、このため皇位継承順位は、皇太子徳仁親王、秋篠宮文仁親王、悠仁親王の順となり、今まで皇位継承問題などあまり意識しなかった眞子、佳子両内親王も、将来は天皇の長女、次女となり、さらには未来の天皇の姉となるという重い立場を負うことになったのである。

 「将来は皇室を去る身なのだから、どこに嫁いでも恥ずかしくない生活態度や教養などを学ばせ、かつ伴侶となる男性は自分の目と心を信じて選んでほしい」。おそらく、秋篠宮ご夫妻は2人の内親王の教育において、このように望んでいたのだろう。従来と異なり、学習院大ではなく国際基督教大(ICU)への進学を容認したのも、そうした思慮があったからに違いない。