2020年12月31日をもって活動休止する嵐。ラストに向けて、CDやグッズ関連の盛り上がりが期待される。『ARASHI Anniversary Tour5×20』はこれからも続くが、「ベストアルバムの発売は間違いない」と語るのは、あるレコード会社関係者。

 「昨年9月に引退した安室奈美恵さん(41才)のベストアルバムは、引退する10か月前の11月に発売され、売り上げ200万枚を超えましたが、嵐ならそれ以上を目指せます。『ファンが選ぶ嵐の名曲ベスト20』と銘打って発売し、デビュー当時も行った握手会の開催を予想する関係者もいます。デビューから『5×20』までの名場面をまとめたベストDVDも、早ければ2019年中に発売されるはずです。嵐はDVDの売り上げが抜群なので、空前のセールスを記録するかもしれません」

 カレンダーや写真集もオファーが殺到しているという。

 「“活動休止しても、来年いっぱいはぼくらの姿を楽しんで”として2021年のカレンダーを発売する可能性もある。写真集の企画は、ラストイヤーの活動に密着した撮影や、デビュー場所のハワイでの撮影が期待されます」(芸能関係者)

 「告白本」の構想もある。

 「5人がそれぞれ、胸の内をじっくり述べる書籍の計画があります。活動休止を決めた心境や、デビューからこれまでの歩みについてメンバーそれぞれが振り返り、テレビやラジオでは伝えきれない思いを活字として残す内容になりそうです」(出版関係者)

 芸術家肌の大野は、アート方面にも進出しそうだ。

 「これまで日本だけでなく中国でも個展を開いている大野くんだけに、活動休止後は芸術活動に本格的に取り組むはずです。ただしその前にファンのため、“卒業記念作品”として新作品を制作して、お披露目するかもしれません」(前出・芸能関係者)

 活動休止の発表で嵐の商品価値がさらに跳ね上がったのが、広告業界だ。

 「義理堅い嵐はお世話になった企業との関係を重視し、新規契約を結ばないそう。契約済みの企業は、昔のCMをつなぎ合わせて“今までありがとう”というコンセプトのCMを作る可能性があります」(前出・広告代理店関係者)
※写真はイメージ(ゲッティ・イメージズ)
※写真はイメージ(ゲッティ・イメージズ)
 さまざまな企画があがるなか、嵐はできるだけその声に応えようとしているという。

 「2年間の猶予を作ったのは、ファンに最高の恩返しをしたいから。どんなに忙しくても限界ギリギリ、完全燃焼するまで彼らは活動する意向です」(スポーツ紙記者)

 「チーム嵐」は一丸となって、思い出を作っていく。

関連記事
■ どうなる嵐のコンサート ハワイ公演、新国立、映画化の話も
■ 二宮和也&伊藤綾子 車中の初ツーショット写真を公開
■ テレビ界が「嵐シフト」 各局の思惑と熾烈な争奪戦
■ 嵐、活動休止のキーマンは二宮「辞める覚悟ある」の直談判
■ 二宮和也、木村拓哉宅で活動休止や結婚問題を相談したか