クリス三宅(北米日台同盟会長)

(青林堂『反日活動』より)

 この度、私の初めての本が出版されることになった。

 最近、日本人の保守系に対するフェイスブックの言論弾圧が目立ってきたことも、私が出版しようとする動機付けを後押しした。まだまだ日本に住む日本人に伝えたいことが山のようにある。この本が現状を知る上での参考になり、何らかのきっかけになれば嬉しい。

 私は11歳の時、1963年9月に移民船で渡米してから日米を往復しながら、通算、40年間、アメリカで生活をしてきた。現在のように簡単に格安で飛行機に乗れる時代ではなく、それだけ日本への思い入れが深かった。

 渡米当時は日本全体がまだ貧しい時代で、イメージとしては白黒写真の世界だった。だが、当時は皆さんが協力しながら絆を大切にする生活をしていたように思う。私にとって日本での少年時代の思い出がルーツであり、活動の源である。

 1963年から母、兄、弟とともに日本を離れ、父が待つアメリカでの生活が始まった頃は、白黒写真のイメージの日本から天然色のアメリカに移り住んで、見るもの聞くもの触れるものにカルチャーショックを覚えたものだ。日本と異なる環境でいろんな経験をし、少しずつ日本人としての誇りと自信が芽生えてきた。

 私は長年、アメリカで生活して、遠くから日本を眺めてきた。今日まで何十回と訪日して、日本、日本人を観察してきた。日本で生活をしていたら気づかないことを、海外から日本に向けて発信してきた。その一部を本書で紹介させていただいた。
米サンフランシスコ市の中華街にあるセント・メリーズ公園に設置された慰安婦像と碑文=2017年12月
米サンフランシスコ市の中華街にあるセント・メリーズ公園に設置された慰安婦像と碑文=2017年12月
 私は20数年前、40歳になってから、言論活動を本格的にスタートし、初期の頃は、仲間とデモや抗議行動を中心に展開してきた。アメリカで活動する韓国系、チャイニーズ、在日、反日の日本人からの理不尽な攻撃を体験し、職場を2度替えざるを得ない状況に追い込まれたこともある。でも、それにメゲる私ではない。そういった経験は逆に私を強くし、攻撃力も増してくるものだ。

 2000年を過ぎた頃からYouTubeやブログで発信を開始し、日本の言論人と親しくなった。その後、その中の一人、国際政治学者の藤井厳喜氏のロサンゼルス講演会を3度主催することになった。