2019年02月18日 16:57 公開

旧ソビエト連邦がアフガニスタンに侵攻してから30年がたった。

ソ連軍は1989年2月15日にアフガニスタンから撤退したが、この戦争でアフガニスタン人100万人近くと1万5000人のソ連兵が命を落とした。

アフガニスタン北部の村では今も、とても変わった形でこの戦争の爪あとが残されている。村全体が不発ミサイルで作られているのだ。