2019年02月21日 12:42 公開

バングラデシュ外務省は20日、イギリスからシリアへ渡航しイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」に参加したシャミマ・ベガムさん(19)について、バングラデシュの市民権はなく、入国を認めることは「絶対にあり得ない」と発表した。

ベガムさんは2015年、15歳でISに参加するためにロンドンからシリアに渡航。今年2月にシリアの難民キャンプで発見され、イギリスに帰りたいと訴えている。

しかしイギリス政府は19日、ベガムさんにはバングラデシュ出身の母親を通じてバングラデシュの市民権があるとして、ベガムさんの市民権をはく奪した。

これに対しバングラデシュ外務省は、ベガムさんが「誤って」バングラデシュ国籍があるとされたことに「深い懸念」を表明した。ベガムさんはバングラデシュに二重国籍の申請をしておらず、バングラデシュを訪れたこともないという。

同外務省はその上で、バングラデシュはテロや過激派を「一切容認しない」と強調した。

「1つの市民権」

ベガムさんの母親はバングラデシュ出身とされており、BBCが取材した弁護士によると、同国の法律ではベガムさん自身にも自動的にバングラデシュの市民権が与えられる。

しかし20日にBBCの取材に応じたベガムさんは、自分は「1つの市民権」しか持っておらず、イギリス政府が自分と話さずに市民権をはく奪したのは間違っていると話した。

「私はバングラデシュ生まれではないし、バングラデシュに行ったこともないし、ベンガル語すらきちんと話せない。どうして私にバングラデシュの市民権があると言えるのか」

「私は若くて世間知らずだったから過ちを犯した。本当に大きな過ちを犯した。そのことをイギリスに分かってほしい」

ベガムさんの家族の代理人、タスニム・アクンジー弁護士は、英内務省の決定でベガムさんは無国籍になってしまうと述べ、「あらゆる法的手段」でこれを阻止する構えだと話した。

一方、英ITVニュースの取材でベガムさんは、英内務省の決断は「悲痛なもの」だと話した一方、夫を通じてオランダ市民権の取得を試してみるかもしれないと話した。

ベガムさんは2015年2月、学校の友人だったカディザ・ソルタナさんとアミラ・アベイスと共にイギリスを離れた。ソルタナさんは爆撃で死亡したと報じられている一方、アベイスさんの安否は分かっていない。

ベガムさんは、ISがオランダ国籍のベガムさんの夫を投獄し拷問した際に、ISに対する考えを改めたという。

逃げることは不可能で、「逃げようとしたら殺される」とベガムさんは話した。

報道によると、ベガムさんはシリア最後のIS拠点バグーズから逃げてきた。ベガムさんはこれまでに2人の子どもを亡くし、先週末に息子を出産したばかり。

ベガムさんの夫はイスラム教徒に改宗しISの戦闘員となったが、2週間前に対立するシリアの戦闘員に投降したとみられている。

ISはこれまでシリアで支配していた地域のほとんどを失い、現在ではイラク国境の50キロ平方メートルほどの地域に1000~1500人の戦闘員が残っている。

「複雑な問題」

英政府は1981年イギリス国籍法にもとづき、内相が「公共の利益にかなう」と判断し、かつ当事者が無国籍にならない場合において、個人の市民権をはく奪することができる。

かつて対テロ法の独立審査官だったカーライル卿によると、ベガムさんは裁判あるいは司法審査を通じて、内務省の判断に不服を申し立てることができる。しかしその場合、内相の対応に誤りがあったことを証明しなくてはならない。

カーライル卿は、この案件は「裁判所で長期間争われるかもしれない複雑な問題」で、ベガムさんは現在の居住地に「少なくとも2年間」はとどまることになるだろうと話した。

また、ベガムさんの息子にはイギリスとオランダ、バングラデシュの国籍が認められるだろうと指摘している。

「非常事態」

イギリスのサジド・ジャヴィド内相は個別案件にはコメントしないとしながらも、ベガムさんの息子はなおイギリス国民となる可能性があると話した。

ジャヴィド氏は議会で、「子どもが権利を損なわれることはあってはならない。親がイギリスの市民権を奪われても、子どもの権利には影響しない」と述べた。

その上で、市民権はく奪は「非常事態」でしか発動しない権限だと述べ、一例として「個人が(イギリスの)基本的な価値観に背を向け、テロを支持した場合」と話した。

ジャヴィド氏はITVの番組に出演した際にも、個人を「無国籍」にして放っておくことはしないと語った。

「個人について言及はしないが、その時点で個人を無国籍状態にするような決定は下さないし、私以前の内相もそういった決定は下していないはずだ」

しかし最大野党・労働党のダイアン・アボット影の内相は、ジャヴィド氏が「何人も独断的に国籍を奪われてはならない」と定めた世界人権宣言に違反したと非難している。


<分析>シャミマ・ベガムにバングラデシュ市民権はあるのか ――クライヴ・コールマン、BBC司法担当編集委員

BBCが取材した弁護士らによると、バングラデシュ法では、イギリスでバングラデシュ国籍を持つ親の元に生まれた子どもには自動的にバングラデシュの市民権が付与され、二重国籍となる。

しかしバングラデシュ当局は、これはベガムさんには当てはまらないと主張している。

この「血筋」法では、こうした子どもがバングラデシュの国籍や市民権を維持すると申し出ない場合、彼らの権利は21歳で消滅するという。

ベガムさんが現在19歳だとということを考えれば、彼女にはなおバングラデシュの市民権がある。これは、内務省の弁護士と内相にはベガムさんのイギリスの市民権をはく奪する法的根拠でもある。

2017年、バングラデシュ系イギリス人2人が国外にいる間にイギリス市民権を奪われたとして政府に不服を申し立て、政府の判断が覆される出来事があった。

特別移民不服申し立て委員会は、この2人が21歳までにバングラデシュ市民権継続申請をしなかったため、彼らのバングラデシュ市民権は自動的に消滅したと判断した。

この場合、イギリスの市民権をはく奪するという決定によって2人は無国籍状態になってしまうからだ。

しかし、ベガムさんの状況は異なる。もし立証されれば、ベガムさんがバングラデシュを訪れたことがなくても、自ら市民権の継続を望まなくても、ベガムさんのバングラデシュ市民権は21歳までは有効だ。


(英語記事 IS bride 'is not Bangladeshi citizen'