2019年02月26日 12:45 公開

オーストラリアにおける複数の性的暴行罪に問われていたローマ法王庁財務長官ジョージ・ペル枢機卿(77)に有罪評決が下されていたことが、26日公表された。性的暴行で有罪になるカトリック教会の聖職者としては最高位。

メルボルン地裁の陪審団によるとペル被告は1996年に、メルボルンにあるセント・パトリック大聖堂内の部屋で、聖歌隊の少年2人を性的に虐待した。被告は無罪を主張していた。

昨年12月の時点で有罪評決が下されていたが、法律上の理由からこれまで報道が規制されていた。

量刑言い渡しは、27日の予定。弁護団は上訴する方針だという。

ローマ法王庁の財務長官を務めるペル被告は、ローマ法王庁で3番目の地位にある。

ペル被告に対する裁判は昨年、2度行われた。1回目は評決に至らなかった。

2度目の裁判では、16歳未満の子供相手に性行為をした罪と、16歳未満の子供へのわいせつ行為4件について全員一致の有罪評決が下った。

26日の審理後に裁判所を出るペル被告を、報道陣や野次を飛ばす一般人が取り囲んだ。

ペル被告は全ての罪について無罪を主張している。2017年には、「私はこれらの容疑について無実だ。どれも間違っている。性的虐待という考え方は忌まわしいものだ」と述べていた。

<関連記事>

近年のカトリック教会は世界各地で、聖職者による性的暴行の告訴や告発が相次いでいるほか、問題を長年にわたり組織的に隠ぺいしてきたと非難されている。

ペル被告の裁判と時期を同じに、ローマ法王フランシスコ1世は今月半ば、聖職者による性的虐待問題を取り上げる会議を開いた。

法廷で明らかになったこと

検察によると、ペル被告はメルボルン大司教に就任した1996年に、メルボルンのセント・パトリック大聖堂内で、ミサの後に聖歌隊の少年2人を性的に虐待した。

訴えによると被告は、少年たちが聖餐のワインを飲んだことをとがめ、それぞれの少年にわいせつ行為を強制したという。

公判では、被害者の1人が法廷で証言した。もう1人の犠牲者はすでに亡くなっている。

ロバート・リクター弁護士は、訴えの内容はいずれも被害者たちによる妄想だと主張したが、陪審団はこれを退けた。

報道規制

裁判所は昨年5月、ペル被告の裁判および有罪評決に関する一切の報道を禁止する命令を下した。

これは、この裁判が別件の裁判に影響するのを避けるための措置だった。

別件の裁判とは、被告が1970年代にヴィクトリア州で少年たちにわいせつ行為を働いたという事件に関するもので、被告はこれも強く否認していた。この件については検察が26日に証拠不十分で訴えを取り下げたため、裁判はこれ以上進展しない。

(英語記事 Cardinal Pell guilty of sexual offences