2019年02月26日 17:14 公開

さまざまなファッションブランドの製品や広告が差別的だと、次々と論争の的になり「炎上」している。

最近では、英バーバリーが絞首刑の縄を模したフード付きパーカーについて謝罪。イタリアのグッチはブラックフェイスに見えるセーターの販売を中止した。

しかしこうした出来事は単なる偶然なのか、それとも販売促進のためのマーケティング戦術、いわゆる「炎上商法」なのか?