上村由紀子(フリーライター)

 そうか、6話まで見てやっと分かりました。このドラマは「親をとるか、オタ活をとるか」って単純な話ではなく、「親の価値観のもとで生きるか、自分の価値観を貫いて生きるか」という、自立の物語だったんですね。

 山に囲まれた小さな町に突如ゾンビが現れ、日常と非日常とがせめぎ合う『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』や、4月から放送される『腐女子、うっかりゲイに告る。』など、最近ハネまくっているNHKのドラマ。まるでテレビ東京のプロデューサーが出向しているかのようですが、このテンション、むしろ好きです。中でも回を重ねるごとに視聴者の熱量がグイグイ上がっていったのが、NHK名古屋局制作の『トクサツガガガ』。

 小芝風花演じる主人公の仲野叶(かの)は商社に勤める20代のOL。会社では「女子力が高い人」で通っているため隠していますが、実は筋金入りの特撮オタク=通称、特オタ。プライベートの時間とお金をすべて特オタ活動につぎ込み、次第に同じ特オタやアニオタ、ドルオタと仲間も増えてオタクライフを満喫する中、彼女の前に巨大な「敵」が。それは幼少時から特撮を全否定し、叶に「女の子らしい女の子」として生きてほしいと願う、松下由樹演じる母、志(ふみ)の存在です。

 今は東京(どう見ても名古屋の風景が映るのに設定は東京)と関西とで離れて暮らしている母娘ですが、かわいいものを愛し、娘にも女の子らしくいてほしい母と、特撮作品が大好きな娘…そんな二人が相いれるはずもなく、叶が志から距離を取ることで、なんとかバランスを保っている状態。しかし、志のサプライズ上京で事態は一転。二人は修羅場を繰り広げることに。

 勇気を振り絞り、自分の好きな特撮のことを必死に伝えた叶に対し、志が返したのは「ええ年して、こんなちっちゃい子が欲しがるようなもん集めて。こんなもの大事にして、何になるのよ!」「独りであんた、そんなこと続けるつもり?」というバズーカ砲のような口撃と大事にしているフィギュアの破壊、さらに平手打ちという所業。

それに対し、叶も「じゃかましい、クソババア!」と母の頰を打ち返して「親じゃない! 育ててもらった恩とか、大学にかかったお金とか一生かかっても返すから。それでもう家族じゃない、関わらんとって!」と感情のまま言葉をぶつけます。
女優の小芝風花=2017年2月(南澤悦子撮影)
女優の小芝風花=2017年2月(南澤悦子撮影)
 痛い…いろんな意味で胸が痛い。自分の価値観こそすべてと信じ、それを娘に押し付けようとする母親と、その呪縛から放たれようともがき、経済的に自立することで親から逃げ切れたと思い込む娘。二人の魂は、子供の叶が大事にしていた特撮ヒーロー雑誌を志が庭で焼いたあの日からずっと止まったままなのに。

 このドラマを母と娘、それぞれの視点で捉えると、見える風景が違ってきます。

 母の志は叶と兄の望が幼い時に夫と離婚。それ以来、女手一つで兄妹を育ててきました。志は自分の離婚をポジティブに考えていないのでしょう。同じ女性である叶には普通の、幸せな結婚をして家庭を築いてほしい、それには多くの人から愛されるよう女らしく生きることが必要、それなのにこの子は男子が好きな特撮なんかに夢中になって間違った道に行こうとしている、30歳を過ぎたらもらい手もないまま1人で生きていかなくてはいけないのに…私がそれを正さなければ…。そんな思考で良かれと思い、娘を自分の思うルートに乗せようと必死です。