一方、娘の叶は小さい頃から好きだった特撮を否定され続け、母のマンション立ち入りで特オタがバレるまではそのことを必死で隠していました。経済的にも独り立ちしているし、成人した自分がどう生きようが自由なはず。が、母にはずっと特撮のことを言えなかった。それは心のどこかで母が望む人生を送れていない自分を申し訳ないと思う気持ちを抱えているから。

 叶にとって特撮を否定されることはただの趣味を否定されることではないんですよね。それは自分の生き方や価値観を親に受け入れてもらえないことで、「ありのままの自分」を否定されているのと同じ。「毒親」と切って捨ててしまえば簡単ですが、志も心の底にあるのは娘を愛し、大事に思う気持ちであるゆえ、そう単純なことでもない。

 世の中的には多様性…ダイバーシティなんて言葉もメジャーになってきましたが、家族の間で問題になるのはいつも「どうしてできないの?」VS「どうして分かってくれないの?」という、交わることのない二つの主張。

 それにしても、今期のドラマにはいわゆる「毒親」が山盛りです。『初めて恋をした日に読む話(はじこい)』の主人公、春見順子(深田恭子)の母親、『ハケン占い師アタル』のアタル母、そして『トクサツガガガ』の志。そういえば『まんぷく』で今やおちゃめな存在として福子をサポートする母、鈴(松坂慶子)も、放送開始からしばらくはTwitter上で「毒親」と評されていた記憶が。

 『ハケン占い師アタル』の場合はまだ見えない部分が多いので置いておきつつ、『はじこい』順子の母、しのぶ(檀ふみ)も志も自分が達成できなかったことを無意識のうちに娘の人生に背負わせているパターン。本人がそこに気づいて呪縛を解けば皆が楽になれるのに、人の心はなかなか難しい…そう簡単にはいきません。

 こう言ってしまうと身もふたもないですが、『トクサツガガガ』も『はじこい』も、そして多分『ハケン占い師アタル』も、ある程度前向きな形で母娘の関係に決着がつくのでしょう。だってそれはドラマ、虚構の世界の話だから。
女優の松下由樹さん
女優の松下由樹さん
 だけど、現実世界を生きている私たちはそうはいきません。自分の好きなものを否定し、価値観を押し付けようとしてきた親はいつの間にか年を取り、「戦う相手」から大抵の場合「守り、フォローする対象」へと変わっていくのです。それはそれでとても切ない。

 なんて、過去のモロモロを思い出し、一瞬涙目になりましたが、『トクサツガガガ』はコメディーです! 最終回で叶が作品のテーマでもある「スキなモノはスキ!」をどう貫くのか、ゴールデンボンバーが歌う主題歌『ガガガガガガガ』をともに熱唱しながらしっかり見届けたいと思う次第です。

■NHK『いだてん』 スタートでコケた理由を邪推したらこうなった
■キンプリ岩橋とセクゾ松島、相次ぐ「パニック障害」の裏側
■あふれ出すSPEEDのカルマ『Body & Soul』の愛欲が止まらない