2019年03月04日 12:48 公開

ウィンブルドン元王者のマルチナ・ナヴラチロワ氏(62)が3日、身体的に優位なトランスジェンダー女性に女子競技への出場を認めるのは「不正行為」だと主張したことを謝罪した。その上で、議論を続ける意向を示した。ナヴラチロワ氏の発言については、性的少数者団体などが非難する一方、複数の女性アスリートが賛同している。

グランドスラム大会で18回タイトルを獲得したチェコ・プラハ出身のナヴラチロワ氏は、トランスジェンダー女性の女子競技参加について批判を繰り返してきた。

ナヴラチロワ氏はブログで、自分が意図するのは「女性として生まれた女の子や女性が、自分の競技においてできるだけ平等に競争できるようにすることだ」と説明した。

これに先立つ英紙サンデー・タイムズへの寄稿では、トランスジェンダー女性の女子競技出場について「これは狂っているし、不正行為だ」と強調し、「トランスジェンダー女性を本人の望む形で呼ぶのは喜んでするが、スポーツで競い合うのは望まない。それは公平ではないから」と主張した。

この主張をめぐっては、トランスジェンダー嫌悪だとして非難の声が相次いだほか、アメリカを拠点に性的少数者(LGBT)のスポーツ選手を支援する団体、アスリート・アライが同氏との提携関係を解消する事態となった。

同団体は声明で、ナヴラチロワ氏の発言は「科学やデータの誤解に基づくトランスフォビックなもので、差別的な法律や憎悪に満ちたステレオタイプ、そして過剰な暴力によってトランスジェンダーの人の標的化につながる、社会の危険な思い込みを補強するものだ」と述べ、同氏を同団体の諮問委員会、そして大使としての立場から直ちに除名した。

一方で、イギリスの元競泳選手、シャロン・デイヴィス氏は2日、BBCスポーツに対し、多くの現役選手はナヴラチロワ氏と「同じように感じている」と述べ、「女子スポーツを保護するために」トランスジェンダー選手は女子競技に出場すべきではないと主張した。

一方、自転車競技の国際大会に昨年10月に出場し、トラック種目で優勝したトランスジェンダー女性のレイチェル・マキノン選手は、デイヴィス氏は「ヘイトスピーチ(憎悪表現)を拡散」したと述べた。

こうした事態を受けてナヴラチロワ氏は3日にブログを更新した。主な内容は以下の通り。

  • 「不正行為」という言葉を使ったことを「申し訳ない」と思っている
  • トランスジェンダー選手をめぐる当初の発言以降、「トランスジェンダー嫌悪」だとして「中傷」されている
  • トランスジェンダー選手のための性カテゴリーの新設は「混乱」を生む可能性があり、テニス界では「大きな間違い」になるだろう
  • 「騒ぎの中に無自覚に飛び込んでしまい」、「かなり卑劣な個人攻撃の嵐」に見舞われている

ナヴラチロワ氏は、「自分がすべての正解を知っているわけではないことは、自覚している。ここに最終的な答えがあるとは考えていない。だからこそ私は、これまでも言っている通り気持ちや感情に基づいてではなく、科学と客観性、そして女子スポーツ全体への利益に基づいた、全ての人々を含む議論を、対話を望んだ」と述べた。

「言うまでもなく、私はこれまでもこれからも常に民主主義と権利平等、人権、そして全ての人に対する法の下の保護を、擁護し続ける。スポーツやルールの公平について発言する際、私はトランスジェンダーの人々を、充実して健康的な生活から排除しようとはしているわけではない」

さらに、「一部の人の指摘は事実と違っていて、私はもちろんトランスジェンダーの人への暴力を推奨していない。私がやろうとしているのは、女性として生まれた女の子や女性が、自分の競技においてできるだけ平等に競争できるようにすることだ」と続けた。

<関連記事>

1980年代にレズビアンだと公表し、嫌がらせに苦しんだナヴラチロワ氏は、同性愛者の権利のために長年活動してきた。

2016年に導入された国際オリンピック委員会(IOC)の指針では、女性として生まれた後に男性になった選手の出場は、無制限に認められる。

一方で、男性から女性になった選手は、筋肉量を増やすテストステロン値を少なくとも12カ月間は一定レベル以下に保つことが求められている。

デイヴィス氏とナヴラチロワ氏の両者は、この問題を議論するよう複数のスポーツ運営組織に呼びかけている。

ナヴラチロワ氏はブログで、「では、私たちはどのように先に進むのか。まず初めに、全ての人が絶対に不利不当な扱いを受けずに済む、そういう完璧な解決策は存在しないのだと、認識する必要がある」と述べた。

「全ての問題を一気に解決する包括的なルールはない。目標は、女子スポーツを実現可能な形で、できる限り包摂的かつ公平にする方針を見つけることだ」

「結局、ありとあらゆる人を含めるのなら、現在のような形の女子スポーツは消滅するだろう。そのため、賢明な方針にはいくつかの除外規定が必ず必要だ。けれども、なにを除外するのか? どこからどこまでが対象になるのか?」

(英語記事 Navratilova sorry for trans 'cheat' term