2019年03月05日 13:34 公開

カナダのエンジニアリング・建設大手SNCラヴァランの汚職に対する司法介入疑惑をめぐり、閣僚の辞任が相次いでいる。

4日には、ジェイン・フィルポット予算庁長官が政府への信頼を失ったとして辞任した。これでこの問題をめぐる閣僚の辞任は、2月に辞任したジョディー・ウィルソン=レイボールド前退役軍人相に続き、2人目となった。

フィルポット長官は「自分の核となる価値観、倫理的責任、憲法上の義務に従うべきだと判断した」と語った。

これに対しジャスティン・トルドー首相は、辞任は残念だが理解はしていると述べている。

SNCラヴァランを汚職裁判から守るために政府が司法介入したとの疑惑が浮上しているが、トルドー首相は否定している。

一方、野党・保守党は先週、この件でトルドー首相に辞任を求めた。

10月に総選挙を控える中、さまざまな世論調査でトルドー氏の人気が低下していることが示されている。

SNCラヴァランの汚職疑惑とは?

ケベック州に本拠を置くSNCラヴァランと傘下の2社は、2001~2011年にリビア政府高官に4800万カナダドル(約40億3000万円)の賄賂を渡したとして、詐欺と汚職の罪で訴追されている。

https://twitter.com/janephilpott/status/1102660614307172352


SNCラヴァランはその後、社内体制を刷新したとして、起訴猶予合意の規定に基づき訴追を見送るよう、積極的なロビー活動を展開していた。

起訴猶予合意とは、詐欺などの罪を犯した企業が罪を認め、罰金やコンプライアンスの強化といった合意条件に従えば、刑事訴追を避けられる司法取引制度。カナダでは2018年、SNCラヴァランの強いロビー活動を受け、予算案の一環として起訴猶予合意の仕組みを導入した経緯がある。

同社は、過去の経営陣の過ちによって企業全体、そして数千人の従業員が罰せられるのは不公平だと主張している。公判開始はすでに予定されており、SNCラヴァランは疑惑について「徹底抗戦する」としている。

有罪判決が下れば、SNCラヴァランは10年にわたってカナダの国有事業への入札が禁止される可能性があり、同社にとっては大きな打撃となる。

司法長官に圧力

今年1月まで法相兼司法長官を務めていたウィルソン=レイボールド氏は先に、自分と司法省職員は昨年後半、4カ月間にわたる「継続的」で「不適切な運動」にさらされ、SNCラヴァランに起訴猶予合意を適用させようとする働きかけを受け続けたと述べている。

ウィルソン=レイボールド氏は、自分がこの圧力に抵抗したため、退役軍人相に降格させられたと信じていると語った。

事態を「擁護しきれない」

今回、辞任したフィルポット長官は医師の資格を持ち、トルドー政権では保健相や先住民サービス相を歴任した重要人物だった。

フィルポット長官は辞意を伝える書簡で、「政治家や政府高官がSNCラヴァランの刑事事件に介入するよう元司法長官に圧力を掛けたという証拠」について「深刻な懸念」があると書いた。

「自分の主義主張にもとづいて行動するには、代償を払わなくてはならないこともある。しかし、主義主張を捨てる方が代償は大きい」とフィルポット氏はツイートし、その上で、内閣での職務を続けるには事態は「擁護しきれない」ものとなったと語った。

「政治的圧力や妨害を受けずに、司法長官が刑事事件に判断を下せること。これは、法の支配の根本的信条だ」

「残念ながら私は、本件への政府の取り組みや、その結果として出来した諸問題への対応が、信用できなくなった」

フィルポット氏は今後も、自由党議員として議会に残る。

トルドー首相の反応は?

トルドー首相は短い声明を発表し、フィルポット氏の「カナダ国民に対する長年の貢献」に感謝した。

その後にトロントで行われた集会では、SNCラヴァランをめぐるスキャンダルに言及し、「この件に対する懸念は深刻に受け止めなければならないし、そうすると約束する」と語った。

トルドー氏は、ウィルソン=レイボールド氏とのやりとりは全て合法かつ適切なものだとする一方、SNCラヴァランが裁判にかけられれば何千もの雇用が危うくなることを、政府として懸念しているという姿勢を変えていない。

(英語記事 Trudeau crisis grows as minister resigns