2019年03月07日 14:14 公開

イギリスは、ブレグジット(イギリスの欧州連合離脱)の行き詰まり打開のため、48時間以内に新提案を提出するよう迫られている。

欧州連合(EU)幹部は、英・北アイルランドとアイルランドの国境をめぐる交渉打開のため、英政府が「受け入れられる」案を8日までに提出すれば、週末中はノンストップで働くと述べた。

英政府は、アイルランド国境の扱いをめぐりブレグジット後も結果的にEUの規定に縛られるのではないかという議員の懸念を一掃するため、「合理的な」提案をすでに用意したと話している。

過去24時間に行なわれたイギリスとEUとの交渉は「厳しい」もので、EU側は特に前進はないと強調している。

イギリス側の交渉を率いるジェフリー・コックス法務長官は、交渉は佳境を迎え、EU側と「精力的」なやりとりを続けていると話した。

BBCのアダム・フレミング記者は、48時間の期限付き新提案や週末交渉の話は、「名目上の期限」に過ぎず、EU側はもっと柔軟に対応する可能性もあると話す。

EU加盟国28カ国の代表団は6日、もし進展があれば、メイ首相が11日にジャン・クロード・ユンケル欧州委員長と会談するかもしれないと、連絡を受けていた。

テリーザ・メイ英首相は2度目の「意味ある投票」の日を3月12日に定めたが、これまでのところ目に見える進展はほとんどない。

<関連記事>

アイルランド国境のバックストップ

下院は1月、メイ首相が提示した離脱条件をきっぱりと否決した。

12日の採決でも同じ結果になった場合、議会は合意なしの離脱か、3月29日に迫った離脱日を延期するか、どちらかを選択することになる。

メイ首相がEUとすでにまとめた離脱協定には、ブレグジット後の期限内に英・EU通商協定がまとまらなかった場合でも、アイルランドと北アイルランドの間で厳格な国境審査を復活させないで済むよう、「バックストップ(防御策)」と呼ばれる条項が含まれている。

バックストップが発動すると実質的にイギリス全体がEU関税同盟にとどまるほか、北アイルランドがそれ以外のイギリス各地と別扱いになるため、多くの下院議員が強く反発し、離脱協定は歴史的大差で否決された。

バックストップ発動後は、イギリスが一方に離脱できない決まりになっていることにも、離脱派議員は強く反発している。


<解説>仲裁案は失敗――アダム・フレミング、BBCブリュッセル特派員

バックストップについてイギリスは、法的拘束力のある保証を求めている。EUとの最新協議では、英政府が独立仲裁委員会にこのバックストップについても権限を与えようとしたが、EUは受け入れなかった。

英政府とEUの間の離脱協定は、裁判官と弁護士で構成される仲裁委員会の設置を定めている。この委員会は、ブレグジット後にイギリスとEUの間で予想される離脱協定に関する紛争を、仲裁するための機関だ。

イギリスは、仮に離脱後にバックストップが実施された場合、バックストップの終了を判断する権限もこの仲裁委に与えるべきだと提案した。

しかしEUは、仲裁委にそこまでの権限を与えることは、委員会の設置理由を逸脱するとして受け入れなかった。仲裁委はあくまでも、イギリスとEUがルールに従うようにするためのものであり、アイルランド国境の将来など重大決定をするための機関ではないというのが、EU側の主張だ。

ゆえにEUは今一度、イギリス側に再考を求めた。しかも早急に。


(英語記事 UK urged to offer 'acceptable' Brexit plan