2019年03月07日 17:50 公開

米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は6日、今後はオープンなプラットフォームよりも、安全でプライベートなメッセージサービスへの人気が高まるはずだと述べた。

ザッカーバーグ氏はブログで、フェイスブックを「プライバシー重視のプラットフォーム」へ転換する構想の概要を説明した。

同社はメッセージアプリ「メッセンジャー」と「ワッツアップ」を提供しているが、メッセージを暗号化すると、対象特定したターゲット広告による収益力が減ることになる。

ソーシャルメディア大手のフェイスブックでは、これまで個人情報の流出などプライバシーに関する多くの問題が起きている。

2018年には、ユーザー5000万人分のデータが収集されて政治コンサルティング会社に渡っていたことが明らかになった。

BBCの北米テクノロジー担当、デイヴ・リー記者は、今回の発表についてフェイスブックが責任を放棄しているのではないかという批判も出ていると指摘する。フェイスブックに掲載されるコンテンツが今よりプライベートで一時的なものになると、内容に問題があってもフェイスブック社の責任を問いにくくなるのではないかと、懸念が出ているという。

ザッカーバーグ氏の主張

ザッカーバーグ氏は6日付ブログで、「フェイスブックとインスタグラムはデジタル世界において、実世界の街の広場と同じように、人々が友人やコミュニティー、そして興味分野とつながる手助けをしてきた」が、「人々は、自宅のリビングでのような個人的つながりを求めてきている」とザッカーバーグ氏は述べた。

そしてその需要に応えるべく、永続性と安全なデータストレージを減らし、フェイスブックをプライバシー重視のものへと発展させたいと述べた。

プライバシー確保のため、フェイスブックは「プライバシーや表現の自由といった人権について実績が不十分な国では、個人情報などは保存しない」ようになるという。

「この原則を維持することで、国によってはサービスが遮断されたり、新しく参入できなくなったりするかもしれないが、それは致し方ない」と続けた。

暗号化されたメッセージのやり取りは、特にオンライン決済や商取引に関連する新たなビジネスツールの可能性を生み出すだろう、とも付け加えた。

この構想をいつまでに実現するのか、予定は明示しなかったものの、「今後数年間にわたって」変更を実施していくという。

「誰もが身内で個人的な会話ができて、自分の情報は見せたい相手しか見えないし、永遠に残ったりしないと安心していられる、自由に暮らせる世界を目指すべきだと思う」とザッカーバーグ氏は書き、「世界をそういう方へ動かす手助けができるなら、自分たちの貢献を誇りに思うはずだ」と述べた。

方針転換の背景

フェイスブックはこれまで、ユーザーのプライバシーの欠如や、攻撃的なコンテンツの拡散、そして「フェイクニュース」について厳しく批判されてきた。

何百万人もの米国人フェイスブックユーザーの個人情報が悪用されたという英ケンブリッジ・アナリティカ社疑惑をめぐっては、昨年3月にわずか数日でフェイスブックの時価総額が800億ドル(約8兆9000億円)近くも減少した。

ケンブリッジ・アナリティカ社側は、フェイスブック情報を使って2016年米大統領選でドナルド・トランプ氏を助けたという疑惑を否定し、フェイスブックの方針に基づき情報は削除したと主張した。

このスキャンダルにも関わらず、フェイスブックによるとユーザー数はその後も増え続けた。少なくとも1カ月に1度ログインするユーザーは、昨年9%増えて23億人を超えた。

一方で市場調査会社のエディソン・リサーチによると、フェイスブックにとって2番目の市場の米国では、ユーザー数は2017年以降、1500万人減少したという。


<解説>ゾーイ・クラインマンBBCテクノロジー担当記者

我々は、フェイスブックにとって非常に新しい方向性を目の当たりにしている。

まず自分たちのアイデアを取り入れて、その後の意見に対応するやり方ではなく、ようやくユーザーが求めていることに耳を傾け、変化していく習慣に応えるようになったのかと、あなたはフェイスブックを批判するかもしれない。同意を得るのではなく、許しを請うというやり方はテクノロジー部門では稀なことではない。

あるいは、世界中のさまざまな行政によるソーシャルネットワーク規制への迫りくる脅威を皮肉に指摘し、データに干渉しない(保存しないし、見ることもできない)という新たな方法は、個人情報の利用方法についての取り締まりから逃れる手助けとなるかもしれないと提案するかもしれない。

会話をフェイスブック自体からも切り離して非公開にし、長期間にわたるデータ保存を中止するという、小規模なグループ間でのより親密なコミュニケーションへの移行は、近年のテクノロジー大手の乏しい実績に取り組むためのものだ。

ザッカーバーグ氏はこう記している。「率直に言って、我々は現時点で、プライバシー保護サービスの構築に対する高い評価を得られていない」と。


(英語記事 Zuckerberg pledges 'privacy-focused' Facebook