2019年03月12日 12:17 公開

イギリスのテリーザ・メイ首相は11日、ブレグジット(イギリスの欧州連合離脱)に関する合意案を「法的拘束力のある」ものに変更することで欧州連合(EU)と合意したと発表した。

変更は離脱協定承認を妨げていたバックストップ(EU離脱でのアイルランドとの国境をめぐる防御策)条項に関するもの。デイヴィッド・リディングトン内閣府担当相は、メイ首相とユンケル委員長の共同記者会見の直前に、この変更についてイギリス議会で報告し、EUは「イギリスを永久にバックストップ問題に閉じ込めておくことはできない」と話した。

一方、欧州委員会のジャン=クロード・ユンケル委員長は、もしこの採決で離脱協定が否決された場合、「3度目のチャンスはない」と警告した。

首相はEUとの離脱協定を承認するよう下院に求めており、EUと再交渉した離脱協定の下院採決は12日に予定されている。

<関連記事>

メイ首相は11日夜、スティーブ・バークレーEU離脱相とストラスブールへ向かい、EU側と交渉。その後、ユンケル委員長と共同記者会見を開いた。

メイ首相は、下院での「意味ある投票」の前に離脱協定について審議を行うと発表し、この協定は議会で承認されなくてはならないと強調した。

1月に行われた最初の採決では、この協定は230票差という歴史的大差で否決されている。

首相はさらに、採決前にジェフリー・コックス法務長官が今回合意した協定の変更点についての法的助言を公開することを明らかにした。

2つの文書が追加

ユンケル委員長とミシェル・バルニエ首席交渉官との会談で、2つの文書について合意した。リディングトン内閣府担当相は、これらの文書によって離脱協定と政治宣言が「強化・改善」されるとしている。

1つ目の文書は、離脱協定に追加される「法的拘束力のある共同文書」。

メイ首相によると、この文書によってEUがイギリスをバックストップにとどめようとした場合に「正式な紛争」を始められる。

バックストップは、通商協定がまとまらない場合に北アイルランドとアイルランドの国境に厳格な検問所等を設置しないための措置だが、イギリスとEU双方の合意がないとバックストップから離脱できないことから、イギリス議会ではこの状態が恒久化するとの懸念がある。

もう1つの文書は、離脱協定と共に定められた政治宣言に追加される「共同声明」。政治宣言では協定に基づく離脱後の、イギリスとEUの将来の関係について説明している。追加される共同声明では、バックストップを2020年12月までに代替案に変更するよう双方が努力することが述べられた。

さらにイギリス政府は、「一方的宣言」と呼ばれる文書を提示した。メイ首相は、この宣言では離脱後に予定されている将来の関係についての交渉が決裂し、協定締結の見込みがない場合、イギリスが一方的にバックストップから離脱するとの内容と説明している。

メイ首相は記者会見で、「イギリスの下院議員はバックストップに法的変更が必要だと明示していた。そして今日、我々は法的変更を確保した」と述べた。

「この改善されたブレグジット協定を支持するために団結し、イギリス国民からの要請に応える時が来た」

「3度目のチャンスはない」

記者会見ではユンケル委員長もイギリスの議員に対し、この協定を否決すればあらゆるものが危険にさらされると警告した。

ユンケル委員長は、「政治の世界では時折、2度目のチャンスが与えられる。この協定が2度目で、3度目はない」と強調。

「この協定かブレグジット中止か、選択肢ははっきりとしていると述べておく」と述べた。

イギリス国内の反応は?

最大野党・労働党のジェレミー・コービン党首は、メイ首相の交渉は「失敗」しており、今回の発表にも議会に約束した「変更が何も含まれていない」と批判した。

その上で、議員に対し12日の採決で協定を否決するよう訴えた。

「(1月に)離脱協定が歴史的大差で否決されてから、メイ首相は無謀な時間稼ぎを行い、EUとの効果的な交渉に失敗し、議会が支持できるような協定の共通基盤の模索を拒否した」

メイ首相の協定については、閣外協力している北アイルランドの民主統一党(DUP)も、特にバックストップについて批判を繰り返している。

DUPの報道官は今回の発表について、「これらの文書は慎重に分析する必要がある。我々は適切な助言を受け、文書をつぶさに精査し、我々の決断を下す」と述べた。


今週のブレグジットの動き

  • イギリス下院は12日、メイ首相の離脱協定について「意味ある投票」を行う
  • この協定が否決された場合、下院は13日に合意なしブレグジットを支持するかどうかを採決する
  • さらに合意なしブレグジットが否決された場合、下院は14日に、EU基本条約(リスボン条約)第50条に定められた2年間の離脱交渉期間を延長し、EU離脱を3月29日以降に遅らせるかどうかを採決する

(英語記事 'Legally binding' changes to EU deal agreed