明治維新を経て、日本は大きく2つに分断された。“官軍”と“賊軍”。靖國神社では後者は祀られていないのが現状だ。亀井静香氏は、西郷隆盛や白虎隊など“賊軍”とされた人々を合祀すべきだと主張する。

* * *

 私は毎年靖國神社を参拝しているが、昔から合祀問題に関心があった。現在の徳川康久宮司は第十五代将軍・徳川慶喜を曽祖父にもつ徳川家の直系だ。3年ほど前に徳川宮司と会った時、私は「宮司、そこは座り心地が悪いでしょう」とこう話しかけた。

「あなたは徳川直系で徳川に殉じた白虎隊が祀られず、白虎隊をやっつけた長州が祀られているのだから」

 すると徳川宮司は、「いやあそうなんです。一緒に合祀したいです」と思わず漏らした。

〈2016年6月、共同通信の取材に対して徳川宮司は、「私は賊軍、官軍ではなく、東軍、西軍と言っている。幕府軍や会津軍も日本のことを考えていた。ただ、価値観が違って戦争になってしまった。向こう(明治政府軍)が錦の御旗を掲げたことで、こちら(幕府軍)が賊軍になった」と述べた。この靖國の現役宮司による“靖國史観”を否定するような発言は波紋を呼んだ。〉

 そこで私が靖國合祀への賛同を呼びかけたところ、中曽根康弘氏、森喜朗氏など総理経験者を含め、与野党問わず政治家や有識者が多く賛成してくれた。新聞に意見広告を出し、昨年10月には賛成者の署名を添えて、「西郷隆盛や白虎隊、新選組などの賊軍も合祀してほしい」と徳川宮司に申し入れた。賛同者は今現在、300人を超えている。

 長州がルーツの晋三総理にも申し入れ書を手渡してある。靖國の問題だから彼はとくに神経質になるだろうが。ただこの問題はA級戦犯とは異なり、中国もとやかく口を挟まないだろう。

 我々の申し入れに対して徳川宮司は、公式には「無理だ」「直ちにそうしますとは言えない」と発言しているが、本心ではやりたいと思っているはずだ。靖國神社と一緒になって事業を行う「靖國神社崇敬奉賛会」(崇敬会)の扇千景会長からも「理事会にかけます」との言質を得ている。

 問題は、官軍と賊軍の区別にこだわり、強硬に反対する人が一部にいることだ。とくに崇敬会の総代である小田村四郎氏は、決して首を縦に振らない。日本会議の一部も合祀に反対している。

 今の世界を見渡してみると、米国のトランプ大統領に代表されるエゴイズムばかりだ。彼らは相手の立場を顧みず、自分の主張を繰り返すばかりなので、世界の至るところで分断や分裂が生じている。世界が寛容さを失った時代だからこそ、日本が誇る「和」の精神が必要であり、賊軍の合祀こそ、日本的な心の象徴のはずだ。

衆院議員の亀井静香氏
衆院議員の亀井静香氏
 合祀に賛成する多くの人は、「靖國創建150年となる2019年に合わせて合祀すればいい」と言っている。だから我々はこれから根回しを進めて、創建150年を目標に合祀をめざす。近いうちに徳川宮司とも会って、改めてじっくりと合祀をお願いするなど、この夏には何らかのアクションを起こしたい。

 いくら強硬な反対があっても、靖國神社は民間の宗教法人であり、最終的な決定権を持つのは徳川宮司だ。実際、1978年10月にA級戦犯ら14人を合祀したのも、当時の松平永芳宮司の独断だった。だから我々は、できる限り合祀の判断を下しやすい環境を作ることで、宮司の背中を押すつもりだ。

【PROFILE】亀井静香●1936年、広島県生まれ。東京大学経済学部卒業。1962年警察庁入庁、1977年退官。1979年、衆院初当選、運輸大臣、建設大臣を歴任。2005年国民新党を結党。2009年、国務大臣金融・郵政改革担当に就任。現在無所属。近著に『「YES」と言わせる日本』(石原慎太郎氏との共著/小学館刊)、『亀井静香天下御免!』(岸川真著/河出書房新社刊)など多数。

取材■池田道大

関連記事