杉山崇(神奈川大人間科学部教授)

 12試合で25打数2安打、打率0割8分。これは今季開幕戦を控えたマリナーズのイチロー選手のオープン戦成績です。3月20、21日に東京で行われる米メジャーリーグの開幕戦メンバーとして来日したイチロー選手ですが、オープン戦の結果を受けて、開幕戦出場に疑問の声が上がっています。

 イチロー選手は既に一時代を築き、多くの人から尊敬を集めています。「無理に選手を続けて晩節を汚すよりも、引退しては…」という識者も増えてきているようです。

 しかし、当の本人はというと、今のところ意欲しか口にしていません。どうやらイチロー選手は逆境で燃えるタイプのようです。本稿では、イチロー選手がどのようなメンタルでこの状況を楽しんでいるのか、心理学の観点から考えてみましょう。

 まずは背景から整理してみましょう。そもそも、米国のリーグ戦なのに日本で開幕戦を行うことに、疑問の声が少なからずありました。

 ただ、日本の野球ファンにとっては超一流のゲームを体感できる貴重なチャンスです。日本も野球の一流国の一つであり、そのリスペクト(尊敬)もあるからこそ日本で開幕戦を行う意義が見いだせるとも言えます。

 特に、今回は日本が生んだレジェンド、イチロー選手の7年ぶりの「凱旋(がいせん)」でもあります。日本の野球ファンにとっては「お祭り」の意味もあり、大きな期待を集めています。実際、マリナーズのスコット・サービス監督も日本開幕カードでイチロー選手の出場を示唆し続けてきたので、大いに盛り上がることが期待されていました。
2012年3月、日本開幕戦の一回にフラッシュを浴びて打席に立つマリナーズ・イチロー=東京ドーム(斎藤浩一撮影)
2012年3月、日本開幕戦の一回にフラッシュを浴びて打席に立つマリナーズ・イチロー=東京ドーム(斎藤浩一撮影)
 しかし、オープン戦での絶不調が伝えられて風向きが変わります。今季のイチロー選手はマリナーズとマイナー契約を結び、キャンプとオープン戦には招待選手として臨んでいます。ここで開幕戦への出場にあたり、誰もが納得する結果を出していれば、日本のファンも米国のファンも活躍を楽しみに、素直に応援できたことでしょう。