ただ、オープン戦では先述のような残酷な結果に終わってしまいました。打率も1割を切っている状況もさることながら、何より3月1日を最後に、18打席連続で安打が出ていません。

 調子が上向いている気配すら感じさせないのです。その中で「イチロー選手は開幕戦でも快音を響かせることなく終わるのではないか」と心配する声が上がるようになりました。

 イチロー選手は昨年5月に球団の「会長付特別補佐」に就任し、一度は事実上のフロントメンバーにもなりました。その中で現役にこだわって選手を続けることは素晴らしいチャレンジです。

 しかし、結果が伴わず、期待を裏切り続けてしまうと、チャレンジとしては素晴らしいかもしれませんが、「物語としては美しくない」と感じる人も増えてしまうことでしょう。実際、米メディアの中には引退を「勧告」するコラムニストもおり、今季のイチロー選手の評価には賛否が分かれています。

 また、スポーツマンシップの観点でも厳しい目が向けられています。スポーツの競技会とは才能あふれるアスリートたちがしのぎを削り、厳しい競争に勝ち抜いて初めて出場できる栄光の舞台です。

 キャンプやオープン戦でイチロー選手以上の結果を出しながら出場できない選手がいたとしたら、「営業優先でスポーツマンシップを蔑(ないがし)ろにしている」と批判されても仕方がないでしょう。批判の対象は球団や監督だけでなく、出場するイチロー選手にも向けられかねません。

 尊敬されていた大選手がスポーツマンシップを蔑ろにした誹(そし)りを受ける。仮にこんな事態になったとしたら、ある意味で悲劇でしょう。

インディアンスとのオープン戦の五回、空振り三振に倒れるマリナーズ・イチロー=2019年3月、米アリゾナ州ピオリア(山田俊介撮影)
インディアンスとのオープン戦の五回、空振り三振に倒れるマリナーズ・イチロー=2019年3月、米アリゾナ州ピオリア(山田俊介撮影)
 一方でイチロー選手は、引退を考えていない発言を繰り返しています。昨年のマリナーズ入団会見では「最低50歳までプレーしたい」と意欲を示し、今年公開された動画でも「できないと思っている人々をギャフンと言わせたい」と述べています。つまり、プロフェッショナルとしての意欲は全く衰えていないようです。