2019年03月19日 18:21 公開

イギリスのシンガーソングライター、サム・スミスさんが、自分はジェンダー・アイデンティティー(性自認)が男性でも女性でもないノンバイナリーだと公言した。「女性のような気持ちになることがある」ことや、性転換を考えたこともあるという。

英俳優ジャミーラ・ジャミルさんとインスタグラム上で対談したスミスさんは、自分の人気や身体イメージ、自信について語った。

この対談でスミスさんは、「いつも心と身体の中で、ちょっとした戦争が起きていた」と話した。

「時々、頭の中女性のような考え方をしている。『性転換したい?』と自問自答することもあった」

「性転換についてはいまだに、『したい?』と考えている」

ノンバイナリーは「第3の性」とも呼ばれ、ジェンダーが男性でも女性でもない人たちを指す。こうした人たちは英吾では彼や(he)彼女(she)といった性に基づく代名詞を使わず、theyやthemを使う。

ジャミ-ラさんは自分のインスタグラムで「何としてもサム・スミスを守って! 私のIGTVに来て、このめちゃくちゃ美しくてとても真っ直ぐなインタビューを見て。完全なヒーロー!」とスミスさんを紹介した。

https://www.instagram.com/p/BvCQLS4lF50/


スミスさんは、ノンバイナリーの人たちの会話を聞いて自分もそうだと気付いたという。

「自分は男性でも女性でもなく、その間のどこかを漂っているような気がする。ジェンダーは全て、男性と女性の間のどこかにある」

また、自分が「色々な面で女性的なこと」を常に嫌だと思っていたと話し、ノンバイナリーは「自分だけの特別な人物」になれると話した。

「ジェンダーの中間」

イングランド北部リーズに住み、ノンバイナリーを自認するチャイナさんはBBCラジオ1の番組「Newsbeat」の取材に、「21歳まで、自分がどこか違っていると知っていた」と話した。

チャイナさんもスミスさん同様、自分以外のノンバイナリーの人を見つけたことで、どのように自分のジェンダーを見ているかが分かったという。

「英文学科の勉強の一環でジェンダーについて勉強し始めたとき、自分はノンバイナリーなんだって、雷に撃たれたような気がした」

「私はいつも2つのジェンダーの中間にいた。それを表す単語があると知って初めて、政治的にも科学的にもそこに属することになる」

しかしチャイナさんや作家ジェイミー・ウィンダスさんのようなノンバイナリーの人たちは、日常的に他人からの厳しい目にさらされているという。

「フェティシズムの対象に」

ジェイミーさんはNewsbeatで、「質問されるのは気にしないが、どういう文脈の質問なのかは大事だ」と語った。

「ほとんどの人は文脈のないまま質問してくる。普通の会話をしている時にゼロから100に振り切って、本当に奇妙な質問をしてくる。大抵は、私の身体について」

「それは、私とセックスする時にだけ必要な情報のはず」

ジャミルさんとの対談で、スミスさんは異性愛者を自認する男性と交際したことがあると語り、「恋に落ちる対象は人であって、性器じゃない」と信じていると話した。

チャイナさんもジェイミーさんも、ノンバイナリーの人と交際するのは、複雑に経験になり得ると言う。

ジェイミーさんは、「誰かのやることリストの項目みたいに扱われる気がする」と話す。ノンバイナリーな人間とつきあってみたいと思っている人は、そういう態度をとりがちだと。「関係を築こうという時、それはかなり悪影響になる」。

また、ノンバイナリーの人は性的な経験を広げたい人の「フェティシズムの対象」にされる可能性もあるという。

スミスさんは過去にモデルのジョナサン・ザイゼルさんや、俳優のブランドン・フリンさんと交際していたが、こうした関係にノンバイナリーとしての性自認がどう関わっていたかには触れていない。

しかしノンバイナリーだとカミングアウトしたことで、自分の身体イメージに満足するようになったと話した。

「私は色々な面で女性的で、それがいつも嫌だった」

「自分の中の女性の部分が許さない外見というのがあって、だから自分はそういう外見には絶対にならない。太るときは、女性のような太り方をするし」

「実際、それがきっかけだった。自分を見て、自分は男性でもなく女性でもなく、ただ自分という存在なんじゃないかと思った」

俳優のエズラ・ミラーさんは2018年にノンバイナリーだと公言した。マイリー・サイラスさんも以前、自身をジェンダーニュートラル(従来の性差に捕らわれないあり方)だと説明していた。

(英語記事 Sam Smith: 'I'm not male or female'