藤井靖(明星大心理学部准教授、臨床心理士)

 日本は「フィギュアスケート大国」であるといえる。特に、荒川静香がイナバウアーを武器に女子シングルで金メダルを獲得したトリノ五輪前の2005年ごろから、次々とトッププレーヤーを輩出している。現在でも冬季五輪2連覇中の羽生結弦をはじめ、紀平梨花、宇野昌磨、宮原知子、田中刑事、三原舞依、坂本花織らが、同じ日本選手として互いに切磋琢磨(せっさたくま)し、国際大会でもしのぎを削り続けている。

 これは、1990年に図形に従って正確に滑る「コンパルソリー(規定)」演技が廃止されたことと無関係ではないだろう。廃止以降、競技におけるジャンプの重要性がさらに高まり、小柄な体とアジリティー(敏しょう性)を持つ、日本人をはじめとしたアジア系選手には有利になったことが背景にあると考えられる。

 とはいえ、近年における日本選手躍進のトレンドは、日本におけるスケート文化の根付きと、長年の日本スケート連盟の技術的強化策の結晶といえるだろう。しかしながら、フィギュアスケートは、いわゆる「競技スポーツ」とは趣が異なる。

 日本におけるフィギュアスケートの位置付けは、単なるスポーツの域を超えている。どちらかといえば、芸能や芸術に近い趣を持っているのではないだろうか。このことが、選手のパフォーマンス向上に一定程度貢献しているように思われるのだ。

 そもそも、フィギュアスケートはショー要素の強い競技である。もともと欧米で発達してきた競技であるゆえ、競技を採点するのも欧米人が多い。その中で、日本的な音楽や振り付けのもとに芸術性を発揮したとしても、評価されるのが難しいという側面もある。

世界フィギュア 女子SPで2位につけた坂本花織=2019年3月20日、さいたまスーパーアリーナ
世界フィギュア 女子SPで
2位につけた坂本花織=2019年3月20日、
さいたまスーパーアリーナ
 そのため、フィギュアスケートで評価され得る表情を作り、アクションをし、ドレスコードをまとい、どちらかというと本来の日本人の特徴とは違った表出、つまり内面的にではなく外面に対して、全面的に自己表現をしなければならない。

 もちろん「日本人は、全員が内向きだ」というつもりはない。しかし、それぞれの個性があるにもかかわらず、ある種の画一的な表現方法を求められる中で、しかも、それが日本文化とは異なっているものだとしたら、単に技術を向上させる以上の精神力が必要とされる。