また、SMAPの解散や嵐の活動休止の際にも指摘してきたが、人気アイドルグループが「長寿化」する傾向が強い今、金銭的にはもちろん、個人の能力にも自信を持っているだけに、同様のケースが連鎖的になるのは当然だ。

 SMAPは解散したが、嵐をはじめ、TOKIOやV6などを見ていれば、このまま年を重ねていくことに不安を感じずにはいられない。錦戸は今34歳だが、そろそろグループからの脱却を本気で考える年になったというだけだ。要するに錦戸は、すでにオリジナルでなくなった関ジャニを無理に続けるより、それぞれの道を歩むべきだと考えているのだ。

 世間ではジャニーズの崩壊などと煽るが、これは別にアイドルグループやジャニーズに限ったことではない。

 ただ、錦戸の脱退騒動がこれまでと違うのは、ジャニーズ事務所の対応だろう。関ジャニほどのグループの騒動にもかかわらず、沈黙を続けている。もちろん、不祥事ではない以上、早急な対応は必要ないだけではなく、週刊文春の報道と言えども、ジャニーズ事務所は反応するに値しないと判断しているようだ。

 また、これまで僕が何度も指摘してきたが、社長のジャニー喜多川氏は2020年の東京五輪しか頭にないといっても過言ではない。滝沢秀明(タッキー)を後継指名したことと、嵐の活動休止を五輪後まで担保したことで、関ジャニの処遇など問題視していない可能性もある。

 ただ、本来なら、ジャニーズ事務所が明確に否定するか、記者会見を開いて錦戸の脱退や解散について説明させてもいいはずだ。これは、やはり嵐の活動休止の影響がないとはいえないだろう。
(イラスト・不思議三十郎)
(イラスト・不思議三十郎)
 すでにジャニーズは関ジャニの処遇についていくつかの案を持っているとされており、関ジャニのコンサートや出演番組などへの影響を最小限にするタイミングについて、実質的に事務所を切り盛りする副社長の藤島ジュリー景子氏が頭を抱えているようだ。

 嵐が2020年末での活動休止という形で円満に公表した直後だけに、関ジャニの活動休止や解散、錦戸の脱退のタイミングについては、さすがのジャニーズもすぐに決められないのだろう。

 今回のジャニーズの沈黙の背景には、ジャニー氏の明確な指示がないことに加え、嵐の活動休止の前か後かなど、円満に軟着陸させるための時間稼ぎの可能性が高い。

 先にも記したが、錦戸の脱退、もしくは関ジャニそのものの解散や活動休止についての正式発表は、そう遠い話ではない。

■キンプリ岩橋とセクゾ松島、相次ぐ「パニック障害」の裏側
■関ジャニ大倉「ヤラカシ批判」はアイドルとして許されるか
■養子縁組も既定路線? ジャニー喜多川が滝沢秀明を溺愛する理由