2019年04月03日 9:04 公開

テリーザ・メイ英首相は2日夜、イギリスの欧州連合(EU)離脱について、議会でのこう着状態を打破するため短い延期をEUにさらに求める方針を示し、最大野党・労働党に協力を呼びかけた。EUは離脱期限の再延長を認める代わりに、これまで以上に厳しい条件を提示する見通し。

7時間以上続いた閣議後に官邸で演説した首相は、「できるだけ短い」追加の延長をEUに求める方針だと述べた。ただし、5月23日から26日にかけて行われる欧州議会選挙に参加しなくて済むよう、5月22日までには離脱したい考え。

首相は、新しい離脱計画を労働党のジェレミー・コービン党首と協議し、4月10日までに下院採決にかけたいと話した。10日にはブレグジット(イギリスのEU離脱)について欧州理事会の緊急首脳会議が予定されている。

メイ氏が昨年11月にEUとまとめた離脱協定は、これまで下院で3回否決されているが、首相はこの協定が引き続き離脱計画の一部になると話した。

コービン党首は、「大いに喜んで」メイ氏と会談する用意があるし、EUとの関税同盟に残ることや、労働者の権利保護の明文化などが確保されるよう取り組んでいくと述べた。

<関連記事>


ブレグジットのこれまで

2016年6月:イギリスでEU離脱の是非を問う国民投票が行われ、離脱が決まった

2018年11月: イギリス政府とEUが離脱協定に合意。これには離脱条件をまとめた離脱合意と、英・EUの将来の関係性を示す政治宣言が含まれる

2018年12月: イギリス議会が協定の内容に反発したため、首相は北アイルランド国境の扱いなどについてEUから確証を取り付けるために、協定をめぐる「意味ある採決」を延期

2019年1月15日: 最初の「意味ある採決」が行われ、下院は離脱協定を歴史的な230票差で否決

3月13日: 2度目の「意味ある採決」で協定が否決された。この時は149票差だった

3月22日: EUが離脱日を3月29日以降に延期することを承認。3月中に協定が可決されなければ、離脱日は4月12日と決定

3月29日: 離脱協定のうち承認が必要な離脱合意の採決が行われたが、58票差で否決

4月2日:メイ首相が、EUに「短期の離脱延期」を要請すると発表


与党内で首相に強い反発

首相が野党に協力を要請したことについて、与党・保守党内の離脱派は強く反発している。

離脱運動の「顔」でもあるボリス・ジョンソン前外相は、内閣が「ブレグジットの最終的な扱いを労働党に託してしまった」と批判した。

また、ブレグジットは「崩壊寸前まで軟弱になってしまった」と話し、関税同盟にとどまる選択肢には絶対に賛成しないと述べた。

EU離脱派議員による「欧州調査グループ」を率いるジェイコブ・リース=モグ議員は、「与党内で反発が出ている動議を野党の票を借りて可決させるのは、政府として成功とはいえない」と語った。

その上で、首相の決定が「賢いものかは疑問」だと述べ、「労働党にブレグジットを任せ、保守党ではなくマルクス主義者の支持を得ようという決断は愚かだ」と付け加えた。

メイ首相と閣外協力しつつ、離脱協定には反対し続けている北アイルランドの民主統一党(DUP)は、メイ首相が「つたない交渉術」の後にこうした決断を示したことは「驚くに値しない」と述べた。

「ブレグジットの未来を、保守党が4年にわたって悪者扱いしてきたジェレミー・コービン氏に下請けに出してうまくいくのか、注視する必要がある」

EUは「かなり厳しい条件」を提示か

BBCのローラ・クンスバーグ政治編集長は、メイ首相は今回の決定によって、従来の離脱方針よりもEUと近い関係を残す、いわゆる「ソフト・ブレグジット」を選ぶことになるだろうと述べた。

イギリスは今年3月29日にEUを離脱する予定だったが、政府とEUが交わした離脱協定を下院が否決し続ける事態となり、EUに離脱期限の延期を要請した。これに対してEUは、離脱協定を3月中に承認するなら5月22日、承認しないなら4月12日と、期限を設けた。3月中の承認が実現しなかったため、現状では合意の有無を問わず、4月12日に離脱することになっている。

EUが離脱時期の再延長に合意するかは不明だ。

欧州理事会のドナルド・トゥスク常任議長(大統領に相当)はメイ首相の発言を受けて、「たとえ本日以降も最終結果が分からないとしても、辛抱強く待ちましょう」とツイートした。

BBCのカティヤ・アドラー欧州編集長は、イギリス側の要求は「何も変わっていない」ため、EUは離脱期限の再延長を認める代わりに「かなり厳しい」条件を提示する見通しだと話した。

「メイ氏はそうしたくないと言うが、EU幹部はイギリスに、5月下旬の欧州議会選挙に備えるよう要求するだろう。というのも、それまでにブレグジットの決着がつくとはEU側は思っていないからだ」

(英語記事 Brexit: PM asks Corbyn to help break deadlock