2019年04月05日 13:17 公開

米オンライン販売大手アマゾンの創始者で世界一の富豪、ジェフ・ベゾス氏は4日、妻のマッケンジー・ベゾス氏との離婚に合意した。慰謝料は少なくとも350億ドル(約4兆円)相当の株式で、金額として過去最高額だという。

マッケンジー氏は今後もアマゾンの株式4%を保有する。その一方で、米紙ワシントン・ポストと、ベゾス氏の宇宙旅行企業ブルー・オリジンの株は手放すという。

離婚前、ベゾス氏はアマゾンの株式16.3%を保有していた。今回、そのうち4分の3をベゾス氏が引き継ぎ、残る4%をマッケンジー氏が保有することになった。マッケンジー氏は議決権については、全てベゾス氏に渡した。

350億ドルの慰謝料は、これまで最高額だったフランス系アメリカ人富豪、故アレク・ウィルデンシュタイン氏と元妻のジョスリン氏の38億ドルを大きく上回った。

マッケンジー氏はツイッターで合意を発表し、「ジェフとの結婚解消プロセスが終わり、ありがたく思っています。ジェフと私、そして2人に手を差し伸べてくれた人たちの助けがあってこそです。子どもたちの共同の親、そして友人同士として、2人の新しい関係を楽しみにしています。ジェフには私の保有していたワシントン・ポストとブルー・オリジンの全株式、そして2人で保有していたアマゾン株の4分の3と議決権を喜んで譲りました。素晴らしい両社にジェフが今後も貢献できるよう、支援するためです。私自身の新しい計画にもワクワクしています。過去に感謝して、未来を楽しみにしています」と述べた。


https://twitter.com/mackenziebezos/status/1113851260040503296


ベゾス氏とマッケンジー氏は25年前に結婚し、4人の子どもがいる。ベゾス氏がアマゾンを立ち上げた際、マッケンジー氏も従業員となった。

アマゾンの昨年の売上高は2328億ドル。米誌フォーブスによると、ベゾス氏と家族の資産は合計1310億ドルに上るという。

マッケンジー氏は作家としても有名で、これまでに「The Testing of Luther Albright 」と「Traps」の2冊を上梓している。

ピュリッツァー賞を受賞した作家トニ・モリソン氏に米プリンストン大学で師事し、モリソン氏はマッケンジー氏について「これまで持った創作クラスの生徒で一番優秀な1人だ。本当に優秀だ」と語っている。

ベゾス氏は現在、元FOXニュースの司会者、ローレン・サンチェス氏と交際していると報じれている。

ベゾス氏とマッケンジー氏は今年1月に離婚を発表したが、その際にアメリカのタブロイド雑誌が、サンチェス氏との交際の詳細や2人の私的メッセージなどを掲載した。

ベゾス氏はこの雑誌を発行するアメリカン・メディア社に脅迫されたと非難したが、アメリカン・メディアはこれを否定している。

(英語記事 Amazon boss in record-breaking $35bn divorce