2019年04月10日 11:53 公開

アメリカなど別の国で難民申請を却下された人々は、今後カナダ国境で再び難民申請をすることが難しくなる。カナダ政府が8日、難民の受け入れを厳格化する方針を表明した。

今回示された方針は、アメリカで受け入れを拒否された何千もの難民申請者が国境を越えてカナダ国内に流入していることを受けてのもの。

カナダ政府による改正案は8日夜、392ページにわたる総括的予算案の中で示された。

アメリカとカナダ国境での難民申請者の流入は、政治的な激しい議論を巻き起こしている。

この改正により、カナダ国境の出入国審査官は、カナダと移民情報を共有する協定を結んでいる国ですでに難民申請をしている人々について、カナダでの申請を却下することができるようになる。

カナダと協定を結んでいる国には、アメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドなどが含まれる。

申請を却下された者は今後、口頭審理を受ける権利がなくなるほか、この決定に対して独立した裁判所に不服申し立てを起こすことができなくなる。

その代わり、出身国での迫害の危険などを訴える「強制送還前のリスク評価(PRRA)」を申請する権利があるが、しかしケヴィン・ウィーナー弁護士によるとPRRAが認められる確率は3%程度だという。

ウィーナー弁護士はBBCに対し、「今回の方針は、カナダの難民制度にとって大きな変化になるとみられる。私は、これが予算案に盛り込まれていたことに驚いた」と述べた。

「出入国審査官が、大量の難民申請における新しい最前線の意思決定者になるのであれば、カナダ政府は出入国審査官が公正で理性的な意思決定を下してより良い仕事をするよう、確認する必要がある」

<関連記事>

2018年には、2万以上の難民申請者がアメリカ国境を越えてカナダへと流入してきたが、その多くはすでにアメリカ国内で難民申請を行なっていた。

保留中の難民申請の数は20万件を超え、カナダの難民委員会による審理の順番待ちには平均で20カ月かかる。

国境近くの自治体は、申請の手続きを待つ難民のために古いスタジアムや公民館を住宅施設として再利用している。

これにより政府側と、難民への財政支援に不満を抱える自治体や州政府との間に緊張が生じている。

今年度の予算では、政府は今後5年間で国境対策に10億カナダドル(約833億円)を充てると約束していた。

(英語記事 Canada to reject refugees at US border