2019年04月10日 14:24 公開

アーティスティック・スイミング(シンクロナイズド・スイミング)の2選手が、意外な方法でプラスチックごみによる海洋汚染の影響を訴えた。

英ブリストル出身のケイト・ショートマンさんとイザベラ・ソープさんは、プラスチックで埋め尽くされたプールで世界選手権の演目を披露した。