2019年04月19日 13:17 公開

1996年に武装勢力タリバンがアフガニスタンを支配した際、最も過激なイスラム法を国内に敷いた。

タリバンはイスラム教が入ってくる以前の歴史を排除しようとし、古代の仏像などを破壊するよう指示した。

これには、バーミヤンの仏教遺跡群にあった世界最大の大仏も含まれていた。

首都カブールの国立美術館では現在、7000個の欠片から仏像群を修復する作業が行われている。