2019年04月24日 11:45 公開

スリランカで21日に起きた連続爆破攻撃事件で同国政府は23日、「イスラム国(IS)」が事件に関わったとの見方を示した。ISも同日、犯行声明を出した。この事件でこれまでに確認された死者は321人に上り、負傷者は500人を超えている。

オランダ出身のモニーク・アレンさんは、犠牲になった1人だ。

モニークさんは、3人の息子と夫のルイスさんと休暇旅行中で、宿泊先のシナモン・グランド・ホテルで爆破に巻き込まれた。

夫のルイスさんは葬儀で、モニークさんがいかにスリランカを愛していたか話した。