2019年04月26日 12:13 公開

ロシア政府が推進しているインターネット規制強化に関する法案「インターネット主権」法の制定が、プーチン大統領の署名を待つだけとなった。

これは国民のインターネットアクセスを制限する方針の一環で、検閲に当たるとの批判も出ている。

BBCモニタリングは、ロシア政府がどのようにオンライン上の規制を変更したか、その理由は何なのかを分析した。

製作:クセニア・イドリソワ、アレクシ・ペリスティアニス