2019年05月03日 16:58 公開

ニュージーランド首相官邸は3日、ジャシンダ・アーダーン首相が長年のパートナーでテレビ・アナウンサーのクラーク・ゲイフォードさんと婚約したと発表した。

アーダーン首相が同日、左手の中指にダイヤモンドの指輪をして式典に出席したことに気づいた報道関係者が、首相官邸に確認した。

官邸報道官によると、アーダーン首相とゲイフォードさんは4月20日から21日の復活祭の週末にかけて、婚約したという。

アーダーン首相は昨年6月、長女ニーヴ・テ・アロハちゃんを出産した。選挙で選ばれた国のトップが在任中に出産するのは、1990年のパキスタンの故ベナジル・ブット元首相以来、2人目だった。

BBCの番組司会者、ヴィクトリア・ダービシャー氏は今年1月、アーダーン首相に対して、ゲイフォードさんにプロポーズするつもりはあるか質問していた。

それに対して首相は、「いいえ、私からはしません。プロポーズすべきかどうか彼に苦しんでもらいたいので」と笑って答えていた。

昨年1月に妊娠を公表した際、アーダーン首相はゲイフォードさんが「専業主夫」になると説明していた。

首相はラジオ・ニュージーランドに、「私はとても、とても幸運です。私のそばにいられるパートナーがいて、ベビーシッターではなく自分自身が親なので、共同責任の大部分を担ってくれるのですから」と話していた。

地元報道によると、首相とゲイフォードさんは2012年に表彰式で出会った。

(英語記事 New Zealand PM Jacinda Ardern engaged to Clarke Gayford