2019年05月04日 12:07 公開

イギリスのイングランドと北アイルランドで2日に投開票が行われた地方議会選で、与党・保守党は1334議席を失った。躍進が予想されていた最大野党・労働党も82議席を失う一方で、欧州連合(EU)残留を明確に支持してきた自由民主党は703議席を増やし、躍進した。

選挙結果を受けて保守党を率いるテリーザ・メイ首相は、有権者は主要政党にブレグジット(イギリスのEU離脱)を「さっさと進める」よう期待している証拠だと述べたが、自由民主党のサー・ヴィンス・ケーブル党首は、自分たちに投票した有権者は誰もが「ブレグジット中止のために投票した」のだと述べた。

緑の党は194議席を増やした。無所属議員も、612人増えた。一方で、2015年地方選で躍進したブレグジット推進派のイギリス独立党(UKIP)は、今回145議席を失った。

イングランドで改選対象だった248選挙区はいずれも、3日夜までに開票作業を終えた。北アイルランドの11選挙区では開票作業が続いている。スコットランドとウェールズでは地方選は行われていない。


地方議会の与党 党ごとの議会数(カッコ内は2015年からの増減)

  • 保守党:93議会(44減)
  • 労働党:60議会(6減)
  • 自由民主党:18議会(10増)
  • 無所属:2議会(2増)
  • 住民組織:2議会(1増)
  • 単独与党なし:73議会(37増)

<関連記事>

地方議会選は、有権者が自分たちの地元の課題について政策決定者を選ぶのが通常だが、今回はブレグジットについての各党の姿勢が大きな判断材料になったとみられる。

英議会の下院は3月29日の離脱期限を過ぎてもEUの離脱方法について合意に至らず、その結果、延期期限は10月31日に延長されている。

3日に開かれたウェールズ地方の保守党大会に出席したメイ首相は、有権者は投票を通じて、保守党と労働党に「さっさと」ブレグジットを実現するよう、「シンプルなメッセージ」を政界に伝えたのだと強調した。

「私たちにとって難しい選挙になるのは、最初から分かっていました。昨晩の結果の一部は、確かに私たちに厳しいものでした。けれども、労働党にとっても悪い結果となりました」とメイ首相は述べた。

会場からは「辞任したらどうだ?」という野次の声が飛んだが、北ウェールズの会場に集まった保守党支持者が「出て行け、出て行け、出て行け」と合唱する中、野次を飛ばした男性は会場から連れ出された。

BBCのイアン・ワトソン政治担当編集委員は、保守党は確かに労働党の「10倍以上も議席を失った」ものの、最大野党の労働党が「あまり人気のない政権の任期半ばにあった選挙で議席を大きく伸ばさなかった」ことの方が、「きわめて異例だ」と指摘した。

イングランド北部グレーター・マンチェスターを訪れていた労働党のジェレミー・コービン党首は、「もっと良い結果を期待していた」と述べ、ブレグジットを支持した党の方針に反対する有権者が労働党から離れていったことを認めた。

イングランド南東部エセックス・チェルムスフォードで支持者集会に出席した自由民主党のケーブル党首は、「素晴らしい」結果だったと喜び、「自由民主党に入れられたすべての票は、ブレグジットを阻止するための票だった」と述べた。自由民主党は今回の選挙でチェルムスフォード市議会の与党となった。

650選挙区の開票結果を詳細分析したBBC予測では、今回の地方選と同じような結果がイギリス全国で再現された場合、保守党と労働党の得票率は28%になると予想される。その場合、自由民主党の得票率は19%、それ以外の政党と無所属の得票率は計25%になる見通し。

出口調査など投票行動の分析に詳しい英学士院フェローのジョン・カーティス・ストラスクライド大教授は、保守党と労働党の二大政党が有権者の票を圧倒的に独占する時代は「終わったかもしれない」と分析した。2017年の総選挙では全体の票の8割が二大政党に集中した。

カーティス教授によると、二大政党の全国的な得票率予想が3割を切ったのは、史上2度目。前回は、UKIPが躍進した2013年の地方選だった。

さらに、昨年の地方選では二大政党の得票率は共に約35%と見られていたが、今回はそこから大きく後退したと教授は指摘した。

一方で、野党・自由民主党は2010年に保守党と連立して政権与党となって以来、最も得票率を伸ばしたものの、1990年代や2000年代を通じて獲得していた得票率24%には届いていないと、カーティス教授は説明した。

緑の党のシャーン・ベリー共同代表はBBCに、緑の党が躍進したのはブレグジットに反対する票を獲得したほか、気候変動に対する有権者の深刻な懸念が「新しくふくれあがっている」からだと述べた。

<解説> ローラ・クンスバーグBBC政治編集長

与党を9年も続けていれば、保守党が大幅に議席を減らしたのは、決して意外ではない。

ただし、今回失った議席の数はあまりに大きく、各地の自治体で決定権を失ったのは痛手になる。しかも、この結果は全般的な党の失速ではなく、メイ首相のブレグジット対応が根本的な原因だと、相当数の運動員が受け止めている。

これは首相個人のせいだという党内の認識は、ツイード・ジャケット姿の野次馬に野次を飛ばされるだけでは済まされない。首相の権威失墜にもつながる。

そして、政府がこれほど分裂し混乱しているというのに、最大野党がまったく点数を稼ぐことができなかったというのは、労働党のコービン党首にとって意外だし、がっかりする結果だっただろう。

熱烈なコービン支持者はそれでも熱心に忠誠を誓い続けるだろう。しかし、少なくとも今回の結果を見ると、労働党が総選挙で政権を奪還する可能性は近づいたどころか遠ざかったように見える。コービン氏はしばしば、総選挙を切望するかのような発言を重ねてきたが。

いったんここで、深呼吸してみよう。地方選の投票結果は次の総選挙の結果に直結しない。地方選には各地独自の課題も(緑地帯の建設、地元の党派対立、単純な地理的条件など)、すべて影響するのだから。

しかし、これほど顕著な結果が出たからには、現時点での有権者の好き嫌いがそこからかなり伺える。二大政党にとっては苦い結果だ。歴史的な低支持率を背景に、両党は今、実にぎこちなく抱き合っている状態だ。

両党の指導部は現在、少なくとも表向きは、一緒に窮地を脱出するための合意内容を模索している。それは今のところ、意外でもなんでもない。保守党と労働党はとりあえず現時点では、伸るも反るも一緒だよという状態にある。

しかし、両党が共に地方選で苦戦したからといって、合意がまとめやすくなったわけではまったくない。

対立とぎこちない内部譲歩を重ねてきた両党は、自分たちが何を失ったか、気づいたわけだ。

そして両党はこれから、欧州議会選に、疑心暗鬼の目を向けることになる。そこでは、ブレグジットのこう着状態打破を目的に作られた政党が2つ新たに参戦するだけに、世論は今回以上に分裂し、二大政党はますます厳しい罰を有権者から受けることになるかもしれない。

(英語記事 Local elections: Conservatives lose more than 1,300 councillors