2019年05月09日 12:45 公開

サセックス公爵ハリー王子と妻のメガン妃は8日、6日に誕生したばかりの第1子の男の子を「アーチー・ハリソン・マウントバッテン=ウィンザー」と名付けたと明かした。

発表に先立ち、夫妻は同日、英ロンドン郊外のウィンザー城で第1子のお披露目会見を開いた。

メガン妃は、「息子はとても優しい気性で、本当に穏やか。夢のようです」と述べた。ハリー王子が「誰に似たのか分からない」と言うと、2人は揃って笑った。

エリザベス女王とエジンバラ公フィリップ殿下はウィンザー城で8人目となるひ孫と初対面し、その後に名前が発表された。

ハリー王子夫妻は、第1子に称号を使わない意向という。ハリー王子がもつ爵位の1つの「ダンバートン伯爵」や、「アーチー・マウントバッテン=ウィンザー卿」といった称号は使わず、幼い男の子に使われる一般敬称の「マスター(様)」を付けて「マスター・アーチー・マウントバッテン=ウィンザー」と呼ばれることになる。

<関連記事>

BBCのジョニー・ダイモンド英王室担当記者は、今回の命名で「ハリー王子夫妻が息子を伝統的な王族として育てたいとは思っていないことが強く示された」と指摘する。

メガン妃は母親になってからの数日間を振り返り、「魔法のようで、とても素晴らしいことです。世界最高の男性2人がそばにいて、私は本当に幸せです」と述べた。

ハリー王子は、「最高です。子育ては素晴らしい」と付け加えた。

「まだ2日半、3日程度ですが、自分たち2人の喜びのかたまりを授かって、感激しています」


ハリー王子は、どちらに顔が似ているか記者から尋ねられ、「みんな、2週間で赤ちゃんはだいぶ変わるって言いますよね。今後1カ月の間にどう変化していくか観察しようと思いますが、実際、見た目は毎日変化しているので、どちら似なんでしょうね」と答えた。

子どもの顔をもっとカメラに向けてもらえないかと聞かれると、ハリー王子は「彼はすでに少しひげを生やしているんでね」と冗談を言った。

メガン妃は、「みなさんの温かい言葉やお気持ちに感謝します」と付け加えた。

名前の意味

驚きの命名だった。ブックメーカー(賭け屋)で人気の名前には「アレキサンダー」や「アーサー」や「アルバート」が並んだが、その中に「アーチー」はなかった。

王室専門雑誌「マジェスティ」のジョー・リトル編集長は、「私たちの編集部では、だれもこの名前を予想していなかったと思います」と述べた。

リトル氏によると、「アーチー」も「ハリソン」も英王室の伝統的な名前ではなく、王室にとってまったく新しいものだという。

「アーチー」には「純正」「大胆」「勇敢」という意味があり、アメリカよりもイギリスで人気がある名前だ。もともとは「アーチボルド」の短縮形だったが、現在ではそのまま名前に使われている。


ハリー王子夫妻は公式インスタグラムで、初めての家族写真を公開した。


第1子は6日午前5時26分に誕生した。体重は3200グラムだった。イギリスの新生児の平均体重は3400キロ。

「マスター・アーチー」の王位継承順位は、父ハリー王子に次ぐ第7位。

ケンブリッジ公爵ウィリアム王子は「睡眠不足の会という育児」へようこそと、弟王子を祝福し、「いろいろと落ち着いたら」親になったばかりの弟夫婦に会えるのを楽しみにしていると述べた。

妻のカミラ夫人とドイツを公式訪問中だったチャールズ皇太子は、「このニュース以上に嬉しいことはない。帰国後に会うのが楽しみだ」と述べた。

英王室は声明で、メガン妃の母ドーリア・ラグランドさんは娘と一緒に、新居のウィンザー城敷地内にあるフロッグモア・コテージに滞在し、「初孫の誕生をたいへん喜んで」いると発表した。

英王室によると、ハリー王子は出産に立ち会った。出産場所は、夫妻の新居近くの病院だったとみられる。

ハリー王子夫妻の第1子は、エリザベス女王からプリンスの称号が与えられない限り、自動的にプリンスとはならない。

(英語記事 Harry and Meghan name son Archie