いま日本の「保守」と「リベラル」はどのような状況に置かれているのか。『言ってはいけない』(新潮新書)、『朝日ぎらい』(朝日新書)などの著書がある作家・橘玲氏と、『ウェブはバカと暇人のもの』(光文社新書)などの著書があるネットニュース編集者の中川淳一郎氏が語り合った。(短期集中連載・第1回)

* * *

中川:従来、橘さんはリベラル的スタンスを明確にしていましたが、『朝日ぎらい』というタイトルの本を出しただけで、反・朝日新聞派のネトウヨっぽい人から拍手喝采状態になりました。ただ、同書に「なぜ朝日新聞が嫌われるのか」について言及している部分はそれ程多くはなく、基本的には思想がなぜ分かれ、どう分断が発生していくのか、といったことに言及した本という認識をしています。

橘:「朝日新聞はなぜこんなに嫌われるのか?」という疑問が最初にあって『朝日ぎらい』というタイトルをつけたわけですが、おっしゃるように、「なぜ日本だけでなく世界じゅうが右と左に分断されるのか?」という話につながっていきます。たしかに、タイトルが過剰反応された面はあります。

中川:こんなタイトルの本を書いたらネットでは途端にリベラル風の人々、まぁ、本当は単なる糾弾が大好きな人々からネトウヨ認定されちゃうと思うんですよ。それが何かモヤモヤしたんですよね。だって別に橘さんはネトウヨの味方でもなんでもないじゃないですか。

橘:じつはこれは両極端で、朝日新書から出ているのだから、「朝日ぎらい」な右派を批判する(朝日新聞を擁護する)本にちがいないと、発売直後は読んでもいない、というか目次すら見ないひとたちからずいぶんバッシングされました。雰囲気が変わったのはしばらくして、実際に読んだひとが「“安倍政権はリベラル”と指摘しているし、リベラルを批判してるじゃないか」というようになってからですね。

 朝日的なリベラル(戦後民主主義)の欺瞞やダブルスタンダ-ドを批判するのがこの本のひとつのテーマなのですが、それを他の出版社から出せば、あっという間に「橘玲がネトウヨになった」といわれるのは最初からわかっていました。実際、SNSの反応でも、「タイトルを見たときは“いよいよ橘玲もネトウヨ商売か?”と思ったけど、版元が朝日新書だからそうでもないのか」というコメントがいくつもありましたから。朝日を批判するからこそ、この本を朝日新書以外から出すつもりはなかったですね。

中川:ただ、最近ではそうした対応も「防波堤」にはならなくなってきているんじゃないかという気がしています。最近は、朝日新聞が両論併記をしたと言うだけで、リベラルから怒られる時代になっちゃってるんですよ。杉田水脈氏の「LGBTは生産性がない」という暴論とか、東京医科大学が入試で女子受験生の点数を低くしていたとかの問題についてリベラルがデモを起こします。デモ自体は妥当な主張をしていると思うのですが、そのデモを取材した朝日新聞が、杉田氏の意見に一定の支持を示す識者のコメントとかも取るんですね、一応。すると、「朝日は両論併記をしやがってバカか」という反応が出て来る。

橘:それは、杉田氏のLGBT発言に関して、「新しい歴史教科書をつくる会」理事の藤岡信勝氏のコメントを取った記事のことですか?
中川:はい。自分たちをリベラルと称する人たちが、自分たちが気にくわないことを言いそうな人を出そうものならば、そのメディアは劣化したという風に怒り始めるんです。正しくない側の意見など紹介する必要はない、と。そういうことがあるからこそ、「朝日新書でしか出せない」という防衛策も効かなくなってきているのではないでしょうか。実際に本を出された後の反応はどんなものでしたか?

橘:いちばんびっくりしたのは、本を読まずに自分の主張をぶつけてくるひとがものすごくたくさんいることです。それよりもっと驚いたのは、読んでもいないのにAmazonに堂々を“レビュー”を書くひとが現われたことです。なぜ読んでいないのがわかるかというと、「自民党が保守と解釈している所でこの本は終わっている」と書いているからです。同じページに目次が掲載されていて、そのいちばん上が「安倍政権はリベラル」となっているのに。

 でも話はこれで終わらなくて、そうなると次に、このレビューを信じて、「自民党は右ではなく中道だ」との自説を滔々と述べるひとが現わるわけです。こうした「フェイク・レビュー」の連鎖は3人ほどで止まりましたが、それは他のレビュアーが「読んでもないのにデタラメを書いている」と指摘するようになったからで、それがなければ何十件、何百件とつづいたかもしれません。さらに不思議なのは、「フェイク」だと批判されてもレビューを削除するわけでもなく、そればかりか、嘘のレビューだとわかったうえで、それを擁護するひとまで出てきたことです。

 問題なのは、世界を「味方」か「敵」かの党派でしか理解できないひとが多すぎることでしょうね。『朝日ぎらい』という本が出たら、これは朝日を批判しているのか、擁護しているのか、どちらの党派の属するのかが唯一最大の関心事になる。このひとたちにとって世界は善悪のたたかいで、自分は「善」と「光」の側で、気に入らないものはすべて「悪」と「闇」でなければならないんですね。
※写真はイメージです(ゲッティイメージズ)
※写真はイメージです(ゲッティイメージズ)
中川:「俺たちは正義」で「奴らは絶対悪」とまずレッテルを貼って、ということですね。そこから身をかわすためには、いかにレッテルを貼られないようにするのかという戦略がないと回避できない。一旦レッテルを貼られるとそれはなかなか剥がせないじゃないですか。先ほど仰った通り、「橘玲はネトウヨになった。なぜならこんな本を出しているからだ」というのがネットのマジョリティになったら、もうひっくり返せないですし、ひっくり返すにはものすごい努力をしないといけないでしょう。

橘:政治的に微妙なテーマを扱うときは、「党派」のレッテルからいかに身をかわすかに意識的でないとヒドい目にあいますよね。でも逆にいうと、どちらかの党派に入ってしまえば楽なんです。思考停止できるし、右か左かにかかわらず「○○はけしからん!」みたいな本を書けば一定数の読者はいるわけですから、ちゃんと商売が成り立ちます。面白くはないでしょうけど……。