これは2018年に放送倫理・番組向上機構(BPO)から明白な事実誤認が指摘された情報バラエティー番組『ニュース女子』(東京MXテレビなど)が、結果的に、東京圏を含むほとんど全ての地上波テレビから放送終了に至った時期と、図らずも一致する。

 ちょうどこの年から「ネトウヨ春のBAN祭り」が開始された背景には、差別動画の繁茂に我慢できなくなったある種のユーザーの存在がある。しかも、それまで右派的な志向を持っていたユーザーも、これらの投稿に対し眉(まゆ)をひそめる状況に陥った。

 右派的ユーザーの中「ですら」、許容の臨界点に到達したのである。したがって「ネトウヨ春のBAN祭り」を主導する構成員は、「反差別」という対右派への攻勢ドクトリン(教義)を持ったものだけではなく、右派内部からも巻き起こったことに特徴がある。

 要するに、「ネトウヨ春のBAN祭り」は、イデオロギーや支持政党を超えた、単なる差別とデマに対する明確な「NO」の意思表示の運動といえる。だからこそ、運動に党派性を見いだすことはできない。

 実際に「ネトウヨ春のBAN祭り」が奏功した例を二つ挙げよう。まず、作家の竹田恒泰氏によるユーチューブの個人アカウント「竹田恒泰チャンネル」がこの運動の結果、利用規約に抵触するとして永久に停止(BAN)となった。

 竹田氏は、「明治天皇の玄孫(やしゃご)」を名乗り、「竹田研究会」などの団体運営などで、いわゆる「保守論壇」の若手旗手のような立場に上り詰め、地上波テレビやラジオなど既存の大手マスメディアへの露出も多い。しかし、その主張を見ると、「保守論壇」で異形・異端とされる「脱原発」以外は古典的なネット右翼の域を脱していない。
※写真はイメージです(ゲッティイメージズ)
※写真はイメージです(ゲッティイメージズ)
 つまり、著しく激しい嫌韓国、反中国、歴史修正主義、国家神道や復古的天皇制への帰依など、特段目新しいものはない。ただし、短時間でユーザーの耳目を引く動画を投稿してきたユーチューブの「竹田恒泰チャンネル」アカウント自体には、明確な事実誤認などが跋扈(ばっこ)していたため、「ネトウヨ春のBAN祭り」によってユーチューブ運営側もBAN(停止)を決定せざるを得なくなった。

 当然ながら、竹田氏はこの措置に反発したが、BANが解除されることはなかった。現在、竹田氏は「竹田恒泰チャンネル2」アカウントを開設して、差別的な表現や憎悪感情を抑制した動画を投稿するに至っている。