このような子供の心のあり方を分かっている保護者が多いからこそ、今の子供たちも、多くの昔の子供たち、つまりは今の大人たちも、保護者に叱咤(しった)激励されながら学校に通ってきたのだろうと思う。

 ゆたぼんの言っていることは、内容自体は普通のことだと思う。宿題をやりたくない子供がよく言うことであったり、学校を嫌だと言う子供も同じような発言もする。やりたいことについても、発言内容に子供らしい夢はあっても、真新しいようなことではないだろう。あえてゆたぼん自身の行動で今回注目され、目立つ理由があるとすると、発言の場がユーチューブであることぐらいではないか。

 これと同時に、特徴になるのが、ネット上を含む周囲の大人の反応だ。

 今回の件では、賛成派というか応援派の方々がかなりの数いる。もちろんこの中には、自分の子供のことじゃないから、軽い気持ちで応援しているという方も多いのだろうが、同時にこの方々はある意味「学校に行っても仕方がない」「大した価値がない」とどこかで思っているのではないだろうか。こうした賛成派の人々が多くいること自体が、この国の教育制度への評価であり、既存の教育制度の存在価値が問われている現状を浮き彫りにもしている。

 以上のように私自身は、ゆたぼんの発言の内容ではなく、それを取り巻く大人たちの判断や、「『子供の意思』の考え方」に疑問を感じる。どう悪く見ても、ゆたぼん自身は、ちょっと生意気で、まだまだ可愛らしい10歳の子供で、先生に暴力を振るわれたのならそれは許せないことだ。しかし、その子供が、ユーチューブで名前と顔を出して語り、学校に行かないことを自分で選んだと話している。
※写真はイメージ(ゲッティ・イメージズ)
※写真はイメージ(ゲッティ・イメージズ)
 また、彼の夢は、「子供」を中心に話されている。しかし、彼は知らないかもしれないが、子供は、時間が経てば勝手に大人と呼ばれるようになる。彼の夢に出てくる「子供」たちがたくさんいて、自由時間になれば自由に遊べて、大人になったら二度と行くことができない小学校に彼は行かず、日々大人になっていく。

 今の彼の意思に基づいて不登校になることは、いつかの未来の彼の意思に反するような、何か取り返しのつかないものにならないのか。子供の意思の尊重のためには、本人の今の声を聞くだけではなく、未来を予測しながら大人が一緒に考える必要がある。それはできているのだろうかと心配になるのだ。

■なぜ「ゆとり」はバカにされるのか メディアの印象操作が生んだ悲劇
■幻想は捨てよ! 「金八先生」のいない学校を生きるしかない
■「学級」という閉鎖空間をなくせ いじめは大人社会の排除の仕組み