2019年06月06日 16:32 公開

1944年6月6日午前6時半、連合軍の部隊がフランス北部ノルマンディーの海岸に上陸し始めた。

その日の正午、BBC国内放送のラジオアナウンサー、ジョン・スナッグは「D-Dayが来ました」と読み上げた。

あの日、何百万人もの人が聞いた放送と、その時のBBCの放送台本をあらためて紹介する。

ナチスドイツに占領されたフランスなどを奪還するため、連合軍が実施したこのノルマンディー上陸作戦が、第2次世界大戦の大きな転換点のひとつになったとされる。