辛酸なめ子(漫画家・コラムニスト)  

 令和始まって以来の「好感度が高いカップル」が誕生し、日本中が祝福に包まれています。お笑いコンビ、南海キャンディーズの山里亮太さんと女優、蒼井優さんの2人とも仕事に対して真摯(しんし)で、才能を発揮し、キャリアも経済的にも豊かで素晴らしいです。

 後出しになってしまいますが、『テラスハウス 東京編2019』が始まり、スタジオメンバーのトークをネットフリックスで見ていて、山里さんの微妙な変化を感じていました。佇(たたず)まいから幸せオーラとフェロモンを漂わせているというか…。イケメン度もアップしているようです。

 今週の『テラスハウス』の放映はお休みで、第5話が6月17日の24時からなので、結婚報道を受けてのスタジオトークはまだ拝見できていないのですが、きっとアットホームで感動の空気が巻き起こることでしょう。『スッキリ』(日本テレビ系)の天の声でも優しさが声からにじみ出ているようです。

 『テラスハウス』で感じたのは、まず発言のトーンが和らいでいるということ。「美男美女」と拍手したり、「華やかですね今回。トップクラスに華やかですよ」と、本当はリア充な若者は嫌いなはずなのに、ポジティブに称賛していたり。女同士の不仲の兆しについても「今育ててるんだよ」と、チュートリアル徳井さんいわく「田中邦衛」のような表情で見つめていて慈愛すら感じさせました。

 他にも「オープンな恋愛はテラスハウスの醍醐味(だいごみ)」「前回よりかなりスピーディーですね。ムダな人材もいないですし」と、好意的で余裕のある発言が多いです。何よりも瞳から愛を感じます。
結婚発表会見する蒼井優さん(右)と山里亮太さん=6月5日、東京都新宿区(納冨康撮影)
結婚発表会見する蒼井優さん(右)と山里亮太さん=6月5日、東京都新宿区(納冨康撮影)
 ただ、シャイなイケメンで女性陣に人気の流佳に対しては「つまんねーよもう!」「ナチュラルボーンモテ。ふざけんなよ! 死ぬほどの欠点持ってないと許せない」「20歳からのヒーローになりたいって人命救助や介護の勉強してるの」と毒づいていました。年上女子の心を掴む男子に対しては、やはり危機感をお持ちなのでしょうか。