『スッキリ』によると、蒼井優さんも『テラスハウス』が好きで、山里さんの誘い文句は「テラスハウスのご機嫌なゴシップ手に入りました」だったそうです。さらに次の誘いも「テラスハウス続報あり!」。恋愛欲うずまく番組なので、周りの人の恋愛の発展にも貢献しています。

 山里さんが会見で、蒼井さんのことを、「芸能界一のモテ女優」とか「魔性の女」と呼ばれて、そうじゃないとかばった発言が男らしいと評価されています。個人的に魔性の女というのはそんなに悪いイメージがなく、むしろ魅力的で憧れるのですが、そう言われてばかりの当事者としてはうんざりしていたのかもしれません。

 「『魔性』っていう単語使ってるけど、僕はそんな人間じゃないっていうのを一緒にいてずっと見てたんで、みなさんが思う、その『魔性』から発生する心配ってのは一切ございません」ときっぱり言い放った姿が男らしかったです。

 「魔性」の定義もいろいろですが、周りを翻弄(ほんろう)する女性、という意味では、軽井沢を舞台にした前シーズン、『TERRACE HOUSE OPENING NEW DOORS』に出演していた女子大生、優衣さんはかなりの逸材でした。男性と交際経験がないという色白でおとなしそうな女子大生の登場に、スタジオメンバーは「かわいい」とか「天使」とかすっかりだまされていたのですが、徐々に本性が明らかに…。

 山里さんが「俺同じ性格だから分かる」「MVP」と言うほどでした。優衣さんは、振られたばかりの女子に笑いながら優位性を見せつけたり、男子の前で泣いて相談して相手を悪者にしたり、女子2人にそれぞれ悪口を言っていたと吹聴し仲を悪くさせたり、陰で男子と深い仲になっていたり、天然でやっているとしたら恐るべき魔性ぶりでした。
入籍会見でフォトセッションに臨む蒼井優(右)と南海キャンディーズの山里亮太=2019年6月5日、東京都新宿区(納冨康撮影)
入籍会見でフォトセッションに臨む蒼井優(右)と南海キャンディーズの山里亮太=2019年6月5日、東京都新宿区(納冨康撮影)
 言わなくてもいいことをわざわざ密告して、年上でモデルの利沙子さんを皆で責めて泣かしたのが「靴下事件」。利沙子さんがキャラクターものの靴下をお土産にあげるときに、「あなたのことは信用しているからあげる」と言って、別の子については「信用していないけどしかたなくあげた」と言ったとか言っていないとかどうでもいい事件です。さらに、利沙子さんが陰でやらせの恋愛を提案していたとか、デートに誘われて面倒くさがっていたとか、本当かどうか分からないですが、この時優衣さんによって暴露されていました。