2019年06月21日 15:55 公開

ローラ・クンスバーグBBC政治編集長

うわあ。

ドラマチックな展開を期待するなら、イギリスの保守党はめったに期待を裏切らない。

安定を求めているなら、話は別だ。

保守党の党首選でボリス・ジョンソン前外相が、ダウニング街10番地の首相官邸へ向けて、巨大な一歩を踏み出して前進した。このことに驚く人はまったく誰もいない。

好きか嫌いかはともかくとして、ジョンソン氏は紛れもなくこの党首選での最大の政治スターだ。自分こそがイギリスにおけるトップの職にふさわしいと、大差をつけて同僚議員たちを説得した。

20日の議員投票では前回より多い160票を獲得した。保守党議員313人の過半数だ。

この投票結果が出たとき議事堂には、大勢がはっと息を飲む音が響いた。大勢が驚いたのは、ジョンソン氏が見事にリードしたからではなく、対抗馬争いが紙一重の接戦だったからだ。

2016年の欧州連合(EU)離脱をめぐる国民投票では、ジョンソン氏と一緒に離脱を呼びかけて全国行脚したマイケル・ゴーヴ環境相は今回、75票を獲得した。わずか10日前に、20年前のジャーナリスト時代にコカインを使ったことを認めたばかりだと思えば、善戦したといえるだろう。

しかし、かつてEU残留派だったジェレミー・ハント外相の得票数は77票。両者がぎしぎしと音を立ててしのぎを削りあうのが聞こえるかのような、大接戦だった。

<関連記事>

現時点では(まだまだ道のりは長いけれども)、ジョンソン氏が首相官邸の新たな主になるだろうと、大勢が予測していることは疑いようがない。

それでも、今回の投票結果にジョンソン陣営は胸をなでおろしている。理由は簡単だ。ハント氏が相手の方が、勝ちやすいと考えているのだ。

ハント氏とゴーヴ氏の政治家として流儀の違いや、能力の比較はここでは関係ない。ハント氏は2016年の国民投票でEU残留を支持していた。そこがポイントなのだ。

多くの保守党員にとって、EU離脱という目的に長く取り組んできたことが、次の党首の必須条件だ。たとえ今どれだけ熱心でも、最近になって宗旨替えしたのではダメなのだ。

もちろん、ここ最近の政治模様にも留意するべきだ。今や番狂わせが当たり前なのだ。アウトサイダーがインサイダーになる。奇妙なことが起きる。さらにそこに加えて、ジョンソン氏はただでさえ自分自身を騒ぎに巻き込む能力の持ち主なのだ。

それでもなお、ジョンソン陣営は今回の結果に大いにホッとした。

特に熱心な支持者の1人に話を聞くと、その人は喜びのあまり声を上げて笑っていた。そして少なからず、ざまあみろという思いをかみ締めていた。

政界では、記憶や疑いはなかなか消えない。ゴーヴ氏とハント氏の接戦も、新たな疑念を生み出した。

ゴーヴ氏が2位になるのを阻もうと、ジョンソン陣営が自分たちの支持者をハント氏支持に回らせたのではないか、そのように水面下で工作していたのではないかと、様々なうわさが飛び交っている。


そのような工作は決してあってはならないと、ジョンソン氏は姿勢を明示し、そのような真似は決して受け入れないと言明していたのだと、ジョンソン陣営の幹部は言う。

しかし、首をひねる人は大勢いた。第4回投票で敗退したサジド・ジャヴィド内相の支持者のうち、少なくとも4人がジョンソン氏を支持すると宣言していたが、次の投票でジョンソン氏の得票は3票しか増えなかった。

ゴーヴ氏との決選投票を回避するため、ジョンソン陣営は前外相を支持する議員たちのネジを巻いたのだろうか? 自分たちの一票をハント氏に「貸す」ようにと。

閣僚の1人は、「洗濯機より激しい攪拌(かくはん)だった」と語った。議員投票は秘密投票だったので、何があったのか正確に知ることはできない。しかし、票の囲い込みは、政治で結果を出すための基本的な手法だ。

いずれにしろ、次期首相選びの物語における、このエピソードは終わった。次にイギリスを動かす人物の選択肢は、2人に絞られた。

最有力候補はパブリックスクールとオックスフォード大学出身の元閣僚。大変な窮地を脱してきた回数は、テリーザ・メイ首相が口にしてきた温かい夕食の数より多い。

対立候補もパブリックスクールとオックスフォード大学出身の億万長者だ。10年近く前からずっと閣僚だが、それでも今日は自分の方が「弱い立場」の挑戦者だと位置づけた。

そして、忘れてはならない。どちらを選ぶか最終的に決めるのは保守党員だ。国民全員ではなく。

(英語記事:Johnson camp relieved at Gove exit