2019年06月24日 11:34 公開

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が、アメリカのドナルド・トランプ大統領から親書を受け取った。北朝鮮の朝鮮中央通信が23日、伝えた。

同通信によると、金氏は親書を「素晴らしい」と称賛。「興味深い内容について真剣に検討する」と述べたという。

金氏はまた、トランプ氏の「並外れた勇気」をたたえたとされる。

親書の内容は明らかにされていない。

米「やり取りは続いている」

一方、米ホワイトハウスはロイター通信の取材にメールで回答し、親書の存在を認めた。

サラ・サンダース大統領報道官は、「トランプ大統領が親書を送った。両首脳のやり取りは継続している」と述べた。

親書がいつ、どのようにして送られたのかは明らかにされていない。

トランプ氏は今月初め、金氏から美しい親書が届いたと述べていた。

米朝会談の再開に向かうか

米朝首脳の会談は、2月にヴェトナムで開かれたのを最後に開催されていない。

<関連記事>

BBCのローラ・ビッカー・ソウル特派員は、今回の親書は2月以降の米朝関係において、最初の大きな動きだと伝えた。

アメリカは北朝鮮に核開発を断念するよう求めている。一方、北朝鮮は経済制裁の緩和を要求している。

トランプ氏の温かい言葉

こうしたなか、トランプ氏はここ数カ月、金氏に対し温かい言葉を投げかけている。

今月初めには、トランプ氏は記者団に、金氏が指導力を発揮している北朝鮮は「とてつもない可能性」をもっていると述べた。

また、5月に訪日した際は、金氏を「とても頭のいいやつ」と表現。北朝鮮が「たくさんの良いこと」を生み出すと期待していると述べていた。

(英語記事 Kim Jong-un receives 'excellent' letter from Trump