清義明(フリーライター)

 ノンフィクション作家、山崎朋子氏の代表作『サンダカン八番娼館』を二十年ぶりに読み返した。「からゆきさん」と呼ばれた、東南アジアなどで娼婦として働いていた日本人女性の物語だ。熊井啓監督による映画化もされているので、こちらの方がなじみがある人がいるかもしれない。ネットで安く視聴も可能なので、ご興味がある方はぜひともご覧いただきたい。栗原小巻、田中絹代、高橋洋子が主演の1974年の映画である。原作にほぼ忠実で、映画のつくりとしても古びていない。

 明治のころから日本は海外に多数の日本人娼婦を送り出していた。まだ日本が南洋にさしたる貿易もなかった時のことだから、これは異彩を放っている。例えば、1886(明治19)年にシンガポールに在留していた日本人は約1000人。そのうち900人以上は女子であり、そのほとんどすべてが「醜業婦」であったことが、当時の駐シンガポール日本領事員によって記録されている。特筆すべきはその多くが誘拐されてきたものと領事員が記録していることである。この「誘拐」というのが、どういう行為なのかは注意が必要だが、高い給与を提示して甘言を弄(ろう)して、前渡し金のもとに拘束的な身分条件をつけて働かされていたのが、おおよその状況であったと言われている。貧しい家の娘が売られていくという話である。

 『サンダカン八番娼館』の主人公である女性も、そのようにして売られていった一人である。もちろん商行為としての契約は交わされているが、それは幾ばくかの前渡し金を渡され、それを家元に置いていき、その借金を払うまでは売春を強制されるもので、当時でもこれは違法である。この主人公の場合は、「外国さん行けば、毎日祭日(まつりび)のごたる、良か着物ば着て、白か米ン飯ばいくらでも食える」と聞かされて、やはり極貧の生活の中にあった友人たちを誘って、業者の後をついて行ったのである。その仕事というのが売春とは彼女たちは知らない。当時彼女たちは10歳になったばかりである。

 当時はそのようにして「給料のよい稼ぎ口がある」とだまされて売られた日本女性が、あらゆる東南アジアの港町にいたのだ。インドネシア、マレーシア、シンガポール、フィリピン、タイ。これらの国々には探していけば当時の日本人墓地があるのだが、その朽ち果てた小さな墓標の群れにはことごとく女性の名前が刻まれている。そのほとんどが娼婦であろうと推測されている。
※写真はイメージです(GettyImages)
※写真はイメージです(GettyImages)
 私はシンガポールと香港のそうした日本人墓地を訪ねたことがある。現地の日本人会によって今でも手入れされている墓地は南国の明るい日差しと緑に囲まれていて平穏である。その女性たちの墓標はせいぜい20~30センチのものばかりで、それが延々と続いていた。明治の中頃の香港にいた日本人も、そのほとんどが女性だったという。もちろんそれは売春婦である。

 日本人が海外に進出するときに、まずは売春業から取り掛かるというのは、どこでもそうだったようで、明治の初期の釜山(プサン)などでもそうだったらしい。先ごろ香港は司法制度の改悪に抗議する民主勢力のデモが200万人で埋め尽くされたが、そのデモ隊が集結した湾仔(ワンチャイ)は、今では香港人の集まる香港屈指の繁華街であるが、当時は日本人売春宿が軒を並べている場所だったということだ。こういう事情から、東南アジアの港町では、たいがいは日本人の居住者のうち女性の方が多かったのである。