2019年07月04日 15:59 公開

今年のウィンブルドン選手権で話題をさらっているのが、15歳のコリ・ガウフ(アメリカ)だ。初戦で元女王ヴィーナス・ウィリアムズ(同)を撃破し、2回戦も元世界17位に快勝してベスト32入り。いったいどんな若者?

ウィンブルドンが1968年にオープン大会になって以降、予選を勝ち上がって本選出場を果たした選手の中で、15歳と122日のガウフは最年少だ。

15歳でウィンブルドンの試合に勝ったのは、ジェニファー・カプリアティ(アメリカ)がマルチナ・ナヴラチロヴァを破って準決勝まで勝ち進んだ1991年以来。

<関連記事>

7歳でラケット握る

米ジョージア州アトランタで2004年、スポーツ好きの両親のもとに生まれた。テニスを始めたのは7歳のとき。父親のコーリーさんが最初のコーチだった。

コーリーさんは米ジョージア州立大学の元バスケットボール選手。母親のキャンディさんは、体操選手を経て陸上選手として活躍した経歴をもつ。

10歳からは、フランスのムラトグルー・アカデミーに参加。技術を磨いた。

その後、テニスの道に進むため、フロリダ州に移り住んだ。

全仏ジュニアを制覇

2年前、全米オープンの女子ジュニアの決勝に、わずか13歳で進出。最年少記録を塗り替えた。

昨年は14歳2カ月で、全仏オープンの女子ジュニアのタイトルを獲得。有名な3企業と、初となるスポンサー契約(複数年)を結んだ。

今年は、ウィンブルドンの大人の部の予選出場を狙っていた。しかし、世界301位というランキングでは望みは薄かった。

ところが、オンラインでショッピングを楽しんでいたとき、ワイルドカード(主催者推薦)で出場できるとの通知が届いたという。

予選の最終戦の前夜11時には、学校の科学の試験を受けなくてはならなかった。試合の準備は万端とは言えなかっただろうが、それでも6-1、6-1と容易に勝利し、ウィンブルドン本選出場を決めたのだった。

現在のコーチは、ジャン-クリストフ・ファウレル(元男子プロ選手、アドリアン・マナリノのコーチ)。

目標は…

テニスで何を目指しているかという質問に、ガウフは「偉大な選手」になることを目標として与えられていると答えた。

「8歳のとき、私ならできるとお父さんに言われた」

「当たり前だけど信じられない。いまでも100%の自信はない。でも何か言わなくちゃならない。何が起こるかわからない」

「来年には世界1位」

ガウフに注目してきた目利きは少なくない。

全米オープンを2回制したトレーシー・オースティンさんは、「何年も前からココ(ガウフ)のことは話題になっている。やっと世界的に注目され始めた。明らかに素晴らしい運動選手だ」と話す。

ウィンブルドンのタイトルを3回獲得したジョン・マッケンローさんは、「ガウフは身体だけでなく精神も成熟している。2020年までに彼女が世界1位になっていなければ、心から驚くだろう」と絶賛している。

(英語記事 'Gauff has been raised for greatness'