2019年07月08日 10:30 公開

サッカー女子ワールドカップ(W杯)フランス大会は7日、決勝戦があり、アメリカがオランダを2-0で破り4回目の優勝を果たした。2大会連続のタイトル獲得で、最多優勝記録を更新した。

アメリカは3大会連続で決勝に進出。2011年ドイツ大会では日本に敗れたが、2015年カナダ大会で栄冠を手にした。2大会連続優勝は、2007年中国大会でドイツが達成して以来。

アメリカは1991年中国大会、1999年アメリカ大会でも優勝している。

PKで先制

前半からアメリカが攻勢に出てシュートを4回放ったが、オランダGKサリ・ファン・フェーネンダールがそのたび好セーブを見せ、両チーム無得点のまま後半を迎えた。

後半13分、アメリカのFWアレックス・モーガンがオランダのペナルティエリアに攻め込むと、オランダのDFステファニー・ファン・デル・フラフトが足を高く上げてボールを奪いに行った。

ビデオ審判(VAR)との協議の結果、主審はこれを反則と判定。アメリカにペナルティキック(PK)が与えられた。

これを、アメリカのベテランFWメガン・ラピーノが冷静にゴール右側に押し込み、先制点を奪った。

欧州王者は好機つくれず

勢いづいたアメリカは後半24分、MFローズ・ラヴェルが長いドリブルでオランダのゴール正面までボールを持ち込み、そのまま左足で鋭いミドルシュートを放った。ボールはゴール右下隅へと吸い込まれ、リードを広げた。

ヨーロッパ王者で、2回目のW杯出場で決勝まで勝ち進んだオランダだったが、決定的なチャンスをほとんどつくれないまま、試合終了を迎えた。

ラピーノが2冠

この日、PKを決めて大会6点目を挙げたアメリカのラピーノは、ゴールデン・ブーツ(得点王)に輝いた。チームメートのFWアレックス・モーガン、イングランドのFWエレン・ホワイトも6得点で並んでいたが、規定によりラピーノに贈られた。

ラピーノは、ゴールデン・ボール(最優秀選手)も獲得した。

プレー以外でも…

アメリカ代表チームは今大会、プレー以外でも話題を集めた。

ラピーノは雑誌の取材で、アメリカ代表チームがホワイトハウスに招待された場合のことを聞かれると、個人的には断ると表明。これに対しドナルド・トランプ大統領が、「私たちの国を軽視している」と批判した。

モーガンは2日の準決勝のイングランド戦でゴールを決めた後、紅茶を飲むしぐさを見せた。紅茶はイギリスの「国民飲料」であることから、このパフォーマンスに対し、同国などで「無礼だ」という声が沸き上がった。

<関連記事>

「歴史をつくった」

アメリカ、ジル・エリス監督の話

このチームは驚くべき選手たちの集まりで、素晴らしいしなやかさを見せてくれた。

この大会に全身全霊を注いでくれたことに感謝し切れない。試合後すぐには声を出すことすらできなかったが、選手たちには「歴史をつくった。それを味わおう」と伝えた。

アメリカ、メガン・ラピーノ共同主将の話

私たちのチーム全員が、信じられないほどがんばった。友人も家族もここに来てくれている。現実じゃないみたいだ。

<試合データ>

  • 女子W杯の3大会に先発したのはメガン・ラピーノ(2011、2015、2019年大会)が2人目。1人目はドイツのビルギット・プリンツ(1995、2003、2007年)
  • アメリカは今大会、計26得点を挙げた。これは女子W杯における1チームの最多記録
  • ラピーノは女子W杯決勝でPKを決めた最初の選手となった。また、決勝で得点を挙げた最年長(34歳と2日)の選手となった
  • アメリカはこれでW杯12連勝となり、男女両方のW杯における最長記録をつくった
  • オランダのGKサリ・ファン・フェーネンダールはこの試合、8つのシュートを防いだ。今大会決勝トーナメントの1試合における最多記録
  • アメリカは2017年のオーストラリア戦以降、45試合連続で得点している。総得点は148点に上り、直近12試合では複数点を挙げている

(英語記事 USA beat Netherlands to win World Cup