子育てを積極的に行う男性を「イクメン」と呼ぶのに対し、育児も家事もまったく協力しない男性のことを「ゼロメン」と呼ぶ。働く主婦の調査機関「しゅふJOB総合研究所」所長兼「ヒトラボ」編集長の川上敬太郎氏は、4人の子どもの父親でもあるが、「最初の子が生まれてしばらくはゼロメンだった」と話す。そんな川上氏が“脱ゼロメン夫”になるためのヒントを提案する。

* * *

 厚生労働省は2010年から「イクメンプロジェクト」を推奨し続け、今年4月には三菱UFJ銀行が男性行員に1か月の育休取得を実質的に義務づけると報じられた。日本中の夫を“イクメン化”する動きが進んでいる。

 一方、家事も育児もまったく行わない男性は「ゼロメン」と呼ばれる。いまの世の中の風潮を見ると、ゼロメンは絶滅危惧種になりつつあると思えてしまうが、実態はそうではない。

 昨年11月、しゅふJOB総研にて仕事と家庭の両立を望む“働く主婦層”に、「2018年を振り返って、夫は家事・育児に十分取り組んでいたと思いますか?」と質問したところ、結果は【別掲1】のグラフの通り(有効サンプル数=451)となった。
【図1】夫の家事・子育てぶりについて妻に聞いたアンケート
【図1】夫の家事・子育てぶりについて妻に聞いたアンケート
「家事・育児を十分行っていて満足」「家事・育児を少しは行っていて不満はない」との回答があわせて47.7%あるものの、まだ不満を感じている妻の方が多い。そして、「家事・育児をまったく行っておらず不満」と回答した妻が16.9%。“ゼロメン夫”は厳然と存在している。

 同じ質問を2017年にも行っているが、その時の結果との比較は【別掲2】のグラフ(サンプル数=638)だ。なんとゼロメン夫の比率は減るどころか、2017年から2018年にかけて、14.6%から16.9%へと増加した。
【図2】妻に聞いた「夫の家事・育児ぶりに関するアンケート」(2017年/2018年)
【図2】妻に聞いた「夫の家事・育児ぶりに関するアンケート」(2017年/2018年)
 そんな状況をよそに、妻が理想とする夫像は、ゼロメンとはかけ離れている。

 2018年に「あなたのイメージで、夫婦で共働きする際に理想的な夫だと思う著名人をフルネームで一人お教えください」と質問したところ、【別掲3】の方々がTOP10に選ばれた(総投票数424:敬称略)。
【図3】共働きの妻に聞いた「理想的な夫だと思う著名人」アンケート
【図3】共働きの妻に聞いた「理想的な夫だと思う著名人」アンケート
 1位に選出されたのは、育休取得したことなどが話題になったタレントのつるの剛士さん。2位以下も、まさにイクメンとしてのイメージが定着(ご本人たちの中にはイクメンと呼ばれることに抵抗感を持つ人もいるかもしれないが)している方々の名前が並ぶ。