7月1日、嵐が記者会見を開き、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(87才)が解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血で緊急搬送されていたことを発表した。病室には、嵐はもちろん、V6、関ジャニ∞、King & Prince、そしてジャニーズJr.のメンバーなど、多くのトップアイドルたちが駆けつけている。

 世代を超えて多くのアイドルたちに慕われるジャニーさん。その背景には「人間」を大切にする心があるという。

 2015年元日にNHKラジオ第1『蜷川幸雄のクロスオーバートーク』に出演したジャニーさんはこう語った。

「やっぱり人間には、それぞれいいところがあるの。だから“この子”って思ったら(面倒をみる)。マッチだって“何なのこの子?”って感じだった。でもね、ハートが伝わって来るんですよね。みんなそれぞれ若い人ってのは、本当に気持ちがありますね」

 ラジオで共演した演出家の蜷川幸雄さん(享年80)から「いい子だと思ってとったら実はダメだった、って子もいるでしょう」と聞かれた時もジャニーさんは「いない」と即答して、こう断言した。

「ぼくらは人間を扱っている。どんな子でも輝きやいいところを持っている」

「若い感性」を持ち続けていることも、若者たちから慕われる理由の1つだろう。
※写真はイメージです(ゲッティイメージズ)
※写真はイメージです(ゲッティイメージズ)
「ジャニーさんはJr.のレッスン場や芝居稽古場といった現場がとにかく大好きで、オフィスにほとんどいないから社長室がなかったほどです。

 若者の個性を何より大切にするかただけに、最近の若い男の子がみんな同じ髪形をしていることに不満を抱いて、“何の特徴もないから、いっそ坊主にすればいい”と言ったこともあります」(スポーツ紙記者)