2019年07月19日 11:32 公開

ドナルド・トランプ米大統領がノースカロライナ州で17日夜に支持者集会を開き、ソマリア難民として子供の頃に渡米し帰化した野党・民主党のイルハン・オマール下院議員について、その言動を「反イスラエルで反米」だと非難した。すると、支持者たちは「追い返せ」コールを繰り返した。

これについてトランプ氏への批判が高まるなか、18日にホワイトハウスで記者団になぜ制止しなかったのかと尋ねられると、トランプ氏は「自分は反対した」し、すぐに止めさせようとしたと答えた。

トランプ氏の対応が実際にはどうだったか、17日の集会の様子と並べてみた。

トランプ氏は自分に批判的な民主党の女性議員たちを「もといたところへ帰れ」などと攻撃し、内外から人種差別だと批判されているが、下院による非難決議が可決されても「このアメリカがいやなら出て行け」という発言を重ねている。

Here's what actually happened.