2019年08月06日 17:33 公開

政治家が特定の有権者を意識して暗号のような表現を使い、「人心を操る」政治手法のことを、「犬笛」戦術と呼ぶ。

犬にしか聞こえない周波数で鳴る笛と同じように、その意味が分かる人にだけ分かるように工夫された、多くの場合は人種差別的なメッセージのことだ。

政治発言における人種差別を研究している英シェフィールド大学のジェニファー・ソール教授に、解説してもらった。