2019年08月07日 17:33 公開

イギリスは10月31日に欧州連合(EU)を離脱する予定だが、テリーザ・メイ前首相がEUと取りまとめた離脱協定は、イギリス議会で3回も否決された。

ボリス・ジョンソン新首相率いる現政権は、この協定の再交渉を望んでいる一方、それが不可能なら合意のないままで離脱し、通商については世界貿易機関(WTO)のルールに従うとしている。

合意なしブレグジットとなった場合、EU側にはどんな影響があるのか、そしてEUはどこまで準備できているのか。BBCのアダム・フレミング・ブリュッセル特派員が解説する。