2019年08月09日 10:36 公開

イタリアの首都ローマで、トリニタ・デイ・モンティ教会からスペイン広場へと続く、あの有名な「スペイン階段」に座りたくなったとしても、今後は立っていなければいけない。

2016年に修復工事が行なわれ、真っ白に生まれ変わったこの階段の保全のため、ローマ市は、階段に座ることを禁止した。

違反した場合には200ユーロ(約2万3000円)が、階段を破損したり汚したりすると400ユーロ(約4万7000円)の罰金が科される。