皇太子時代に“君臨すれども統治せず”という在り方に接した昭和天皇は、明治憲法下で立憲君主であろうとした。だが、二度、切迫した事態により直接行動をとったことがあると戦後、語っている。それは二・二六事件で反乱軍の鎮圧を命じたことと、ポツダム宣言の受諾である。戦後、「象徴天皇」となってからも、昭和天皇はマッカーサーとのトップ会談に計11回も臨んだ。現代史家の秦郁彦氏が解説する。

* * *

 昭和天皇が自らの政治センスをフルに働かせたのは、終戦から6年9か月続いた占領期だった。新憲法が成立すると、天皇は「国民統合の象徴」となったが、占領軍の最高司令官マッカーサーと11回にわたるトップ会談をやるなど、先頭に立ってさまざまな交渉を行った。

 ある意味で、敗戦は天皇を「解放」したとも言えるだろう。それまで自分の意向をないがしろにしてきた軍部首脳や重臣たちがいなくなり、昭和天皇はのびのびと外交手腕を発揮されたように見える。日本占領の成功を花道に大統領選挙に出馬する予定だったマッカーサーが望んだからでもある。

 新憲法には抵触するかもしれないが、占領軍が全権を握る特殊な状況下では、憲法自体が効力を停止していたも同然だ。それに、天皇がリーダーシップを発揮したのは、国民の期待に応えるものでもあった。国民は、終戦の聖断によって一億玉砕を阻止してくれたのは昭和天皇だとわかっていた。その天皇が、こんどは占領軍を相手に日本の利益を守ってくれることを当時の日本人は望んでいたのである。占領軍側も、自分たちの目的を達成するには天皇の権威と政治力が不可欠だと考えていた。

 昭和天皇が必ずしも占領軍の言いなりにはならない姿勢を最初に示したのは、昭和21年のいわゆる「人間宣言」だ。現人神であることを否定する原案を見た天皇は「自分が神だと思ったことは一度もないのに」と難色を示したが、首相の幣原喜重郎に海外諸国の誤認を正すためですと説得されて受け入れた。しかしその代わりに条件をつけた。宣言の冒頭に「五か条の御誓文」を入れることである。
戦後、GHQ本部として接収された旧第一生命館(ゲッティイメージズ)
戦後、GHQ本部として接収された旧第一生命館(ゲッティイメージズ)
 終戦と同時に、占領軍はアメリカ型の民主主義を日本に持ち込んだ。だが、それ以前の日本が民主主義を知らない野蛮な国だったわけではない。明治維新以降に日本型の民主主義があった。その基盤になったのが「万機公論に決すべし」とした五か条の御誓文にほかならない。昭和天皇はそれを示すことで、占領軍に毅然として立ち向かう姿勢を見せたのだろう。私には、それが一種のレジスタンスだったように見える。

【PROFILE】1932年、山口県生まれ。東京大学法学部卒業。現代史家として慰安婦強制連行説や南京事件20万人説などを調査により覆す。著作に『昭和天皇五つの決断』『慰安婦問題の決算』『実証史学への道』など。

●取材・構成/岡田仁志(フリーライター)

関連記事