2019年08月10日 10:33 公開

北朝鮮は10日未明、2発の未確認ミサイルを日本海に向けて発射した。7月下旬以降、5回目となる。

韓国軍の合同参謀本部は、北朝鮮が東部の咸鏡南道(ハムギョンナムド)咸興(ハムン)付近から、未確認の「飛翔体」を2発発射したと明らかにした。

午前5時34分と同50分に相次ぎ発射された飛翔体は短距離弾道ミサイルと思われ、高度約48キロを最大速度マッハ6.1超で、約400キロの距離を飛行した後、朝鮮半島の東に落下したという。

確認されれば、複数の国連安全保障理事会決議に違反したことになる。

発射の少し前には、ドナルド・トランプ米大統領がホワイトハウスで報道陣に、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長から「とても美しい手紙」を受け取ったと明らかにしたばかりだった。

トランプ氏は、「とても前向きな手紙だった」と言い、「また会談すると思う。(金委員長は)本当に美しい、3ページの、本当に初めから終わりまで素晴らしい、本当に美しい手紙を書いた」と話した。

トランプ氏は、金委員長が米韓合同軍事演習を不快に思っていると述べた。

合同演習は11日に本格的に始まるが、準備はすでに行われている。演習の大半はコンピューター・シミュレーションによる机上訓練で、過去の実戦形式より地味なものとなる予定。

しかし、あくまでも演習に反発する北朝鮮は7月25日から同31日、8月2日、同6日と、ミサイル発射を繰り返している。中には約690キロ飛行したものもあり、韓国は新型短距離ミサイルの実験だとみている。北朝鮮の朝鮮中央通信は、6日の発射は「新型戦術誘導弾」の試射だと主張した。

(英語記事 North Korea fires two missiles into the sea after Trump letter